玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年12月21日

エゴギョウ講座 中級編 火性を巡って 感謝と傲慢3

傲慢病は一生治らないと言われるのは「気づき難し」のせいです。

自分のことばかり考えているからです。

自分が活かされるためには他者を活かす以外にないと気づいた時に

土性の芽が出ます。

火が転じて土性に変化しますよ。

決して火が滅するのではなく高度になるので

それを育てると

自己も他者も社会に活かされているというもっと拡大したまなざしが生まれます。

社会の仕組みによって個人の幸不幸の土台があると気づくようになります。

国が戦争をするような国では幸福の追求が閉ざされるからです。

最初の発端である火性に歪みがあると

土性も金性も歪んできます。

結果は自分を守るだけの水性を尖らせ

あるいは他者を無視する水性になります。

木性の判断力はさらに歪み

物事をまっすぐに見れないようになります。


最初の発端である火性、すなわち育ちがいかに重要であるか。

火が満点だからといって良いわけでなく、

どういう姿の火であるかです。

その姿によってはずっと大人になっても赤ちゃんのような傲慢を引きずるのです。

真の大人になるとは火から自分を乗り越えて、自己意識の拡大を社会性、

さらには世界 地球 宇宙との出会いを成し遂げることでしょう。

火の自己意識の拡大を達成するとは

自己という檻から抜け自由になることです。

それは感謝の対象が拡大する過程でもあると思います。
posted by 変才冨田 at 23:00| Comment(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。