玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年12月04日

「頼まれごとは試されごと」2 ブラック会社でも通用するか

前回の続きです。

前回を未読の方は読んでから暫しお考えになってください。

結論から書きます。

無理です!

相手方があなたの人格や主体性を認めないでひたすら搾り取ることしか考えていない企業では
中村文昭さんのやり方は通用しないです。

即刻辞めることです。

そういう極端な職場環境でなければ、中村文昭さんのやり方はヒットします。

中村文昭さんは「仕事とは相手を喜ばせる」ことだといいます。

これも注釈が要りそうです。

水性の自分が安心するために相手を喜ばせるのは依存といいます。
自分だったらこうされたら嬉しいという共感性が土台であれば良いですね。

posted by 変才冨田 at 20:43| Comment(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。