玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年11月26日

食が運命を変える 水野南北の深い洞察

江戸時代末期の有名な観想家であった水野南北はその著書「食が運命を変える」で述べています。
それは現代人に向けたメッセージのように聞こえます。
耳を傾けてください。

福相であるのに現在不遇、凶相であるのに幸せな境遇の人を時々見かける。
何故そうなっているのかが理由がわからなかったが熟考した末に解答が出た。

経済が豊かになって食を華美にした者は運気が衰え、お金の有る無しに関係なく貧しい頃の食事を買えなかった人は運気が盛んである。

いかがですか?
この警告を無視した者こそ現代の日本人ではないでしょうか。

戦後頑張って経済を豊かにしましたが、豊かになるにつれて食事を華美にしてきました。
その結果が糖尿病や癌の蔓延です。

続く



posted by 変才冨田 at 10:37| Comment(1) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貧しい頃の食事を買えなかった→貧しい頃の食事を変えなかった

失礼しました。
Posted by 校閲者 at 2017年11月26日 16:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。