玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年10月19日

ツンツンセラピーの威力

10月の東京セミナー受講されて
ツンツンセラピーを日常的にやっていますというレポート

冨田船長こんにちは。

先日のセミナーの後、主人からのメールでの質問にご回答いただき

ありがとうございました。

おかげさまで、私のくい縛りは口周りと顎のツンツンセラピーと

寝る前のリラックス法の効果で顎の痛みが大分やわらいできました。

割りばしはくわえて寝てもいつの間にか取れてしまっていますが(笑)



主人もツンツンセラピーのおかげで原因不明だった顎周辺の違和感や

以前からの股関節と肩の痛みが良くなってきているようです。



息子の背中のこわばりもツンツンセラピーが効いたようで辛いと言わなくなりましたが

ツンツンは痛いから嫌だといってその後はやらせてくれません(^^;)

日焼けではないのに息子の顔色が焼けたように黒いのが気になるのですが

血流や内臓に問題があるのでしょうか?

受験を控えインフルエンザの予防接種を受けようか考え中ですが

効果がないという意見もありますし迷っています。

よろしければ船長のご意見をお聞かせ願いますでしょうか。

お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたします。

私「予防接種はナンセンスです。ライフスタイルを改善して免疫力を上げましょう。」


インフルエンザの予防接種は受けずに免疫力アップに努めたいと思います。

ところで、ツンツンセラピーの効果は本当に素晴らしいですね!

昨日主人が会社のサッカーサークルで脛を痛めたのですが、

寝る前のツンツンで楽になったと言っていました。

実家の母もツンツンで腰痛が楽になり、足楽です輪を愛用しています。

セミナーを受講できて本当によかったと感謝しています。
posted by 変才冨田 at 15:54| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。