玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年09月29日

くい縛りで痛い


IMG_0597.JPG

以前に同様の相談があったので
記事を再揚します。


先生!おはようございます!!
ご相談があります。
うちの旦那さんが、歯の食い縛り?が原因とかで、虫歯ではない場所で、奥歯が両方痛く、歯医者では奥歯がグラグラしてくてるし、歯槽膿漏になりやすい体質だから、食い縛らないとイメージすることと、ブラッシングをと言われて、やってるのてすが、痛くて痛くてどうすれば…と困っているのですが、こんなとき何が良い方法はありませんでしょうか?

回答
いくつかのワークを組み合わせます。
ツンツンセラピーを顎関節と耳の周辺とに行います。

その後横になってシュルツ式自律訓練法を行います。
余計な力が抜けます。

検索すれば仕方があります。

それから新作の「足楽です輪〜」を巻いて眠ります。
もう一つは
枕の問題もあります。
枕の作り方は・・・・


早速ありがとうございます。今夜やってみます!今、痛くて痛くて仕方ないようなのですが、つまようじ早速やってます。市販の痛み止め飲むしかないでしょうか?
あ!先生!新作できたんですね!!待っておりました!5個下さい!

数時間後

つまようじ効いてます♪
続いていた痛みが、ツンツンやったら数時間眠れるようになり、数時間置きにやれば痛くなく過ごせるようになりました。と喜んでいます。枕と寝る前の行いも楽しみにしています!ありがとうございます。ペコリ
タオル枕と、割り箸と、自律訓練法の効果があったと申しております。割り箸は効果絶大だ!との事ですが〜。そんなにでますか?????

回答
脳の無意識に働きかけました。

痛くなったのも脳の無意識に働きかけられてしまったからですよ。
原因は脳の緊張が取れていないことです。

聴覚トレは持っていなかったですか?

あれば眠る直前に聴くことです。

シュルツ式や聴覚トレが脳の緊張を取る事で顎の筋肉の緊張が取れて力を入れなくなります。

最後
先生!ありがとうございました。痛み無くなり食事も普通にできるようになりました。

posted by 変才冨田 at 20:52| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。