玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年09月28日

7号食は少しも苦しくないのは効果もない?


本日のこと、とある女性が福岡からいらっしゃいました。
7号食中だそうです。
昨晩は高野山の宿坊に泊まっていたそうです

質問がありました。
「私は7号食していても、少しも苦しいこともなく淡々としています。
皆さまの体験を読むと何か違っているのかと思います。」
私のコメント
そういう人は20人に一人くらいはいらっしゃいますよ。
苦しむ人は普段が飽食グルメの人です。
そういう人が7号食をすると身体の進行方向が逆転するの
でしばらくは慣れるまで苦しむのです。
マア、健康だから淡々とできたのです。

博多の赤坂でご主人は元力士でチャンコ鍋屋さんだそうです。
彼女はマヤ暦のセミナーもしています。

ブログで詳細に7号食レポートを出されています。

http://hitomi236.hatenablog.com/
posted by 変才冨田 at 19:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。