玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年09月24日

水虫が原因で転倒するのか?

65歳以上の高齢者159人の調査では

水虫持ちが55パーセントで、64歳以下の9パーセントをはるかに上回っていた。

その研究では足に疾患があると着地不全となり転倒を飛躍的に多くしてしまうとのことです。


僕はこの論は主客転倒のようにおもいます。

この論理も転倒している 笑

水虫を転倒事故の原因にしているのだけれど、

水虫に罹患する原因を考慮していないですね。

水虫になる原因が転倒を起こしているのです。

白癬菌の処理は白血球がしていますが、白血球は血行に依存しています。

足指への血行不良が水虫を悪化させます。

移るはずの水虫が片方の足に移っていない人もいます

移っていない方の足の血行が良いので白血球が処理してくれているのです。

足指が血行不良になる原因は足指で蹴っていない歩きをしているからです。

蹴っていないので脚が上がらずつまずいて転倒します。

水虫になる→着地不全→転倒 ではなく

足指の着地不全→水虫になる→転倒 となるのです。


では、なぜ着地不全が起きるのか?

かかと重心だからです。
かかと重心は浮き指になり、浮き指では蹴ることができません。

かかと重心は真っ直ぐに立っていないからです。

かかと重心は水虫だけでなく中心部の腰椎に過重となり、坐骨神経痛や脊椎管狭窄症や滑り症も起こします。

こうした人が同時に水虫に罹患している人が多い理由です。


かかと重心→浮き指→水虫

これが水虫に罹患する原因です。

石鹸でいくら清潔にしても完治しません。

足楽です輪を使うことで浮き指を防ぎ、これが水虫の原因療法です。

水虫が治った 改善したという報告も多い理由です。

原因と結果を取り違えると治療もできません。


この点は人間関係も同じですね。

いつまでも他者を原因にしていると関係性も改善されません。

posted by 変才冨田 at 11:13| Comment(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも拝見させていただいております。
人生の糧にとなるような素敵なブログありがとうございます。
これからも、更新楽しみにしてます!
Posted by 神埼 at 2018年01月13日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。