玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年08月24日

ヴイパッサナー瞑想と7号食の深い関連

こんにちは!

ヴィパッサナー 10日間行ってきました!!

今回はヴィパッサナーに照準をあて行く前に7号食を実施、明日からおかず1品という状態で参加しました。

過去2回の瞑想はなんだったのかと思える位の抜群の集中力。特に最初3日間のアーナーパーナーで集中力を切らさなかったお陰で、言葉に出来ない程の 絶大な恩恵を受けることが出来ました。

10日間は、昼食のみの1食。朝果物がありましたが2日間食べたら関節が痛くなり、一切止めたら 何時間でも座れるようになりました。

ヴィパッサナーに行く前は絶対7号食お薦めします。瞑想のレベル、気付きのレベルが別格です。

毎日が気付きの連続で、9日目、メッターの瞑想で 訳もなく涙が止まりませんでした。

当初予定では帰ってきたら ハイパーリスナーをやろうと思ったのですが、次回にして今日から 通常の聴覚トレを試してみる予定です。


彼女の体験は是非聞きたいですね。

機会を作ります。

posted by 変才冨田 at 13:20| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。