玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年07月06日

7号食レポート 7号食ハーフを実行しました。

冨田先生

先月、7号食ハーフを実践してみました。
遅くなりましたが、感想を送らせていただきます。

<動機>
現在引越を予定しており、住まいの断捨離を実践している最中です。その中で、「体の断捨離」という意味で玄米食に興味を持ちました。櫻庭さんの夜ツタがきっかけになりました。

<感想>
1日目:初めての玄米。予想よりはるかに美味しい!!お腹が空いた時に好きなだけ食べました。余裕です。夜、頭痛。

2日目:玄米食、余裕じゃん!と思っていましたが、夜になるにつれて「あぁ…また玄米か…」と、気力がダウン。頭痛は消えました。

3日目:食欲がわかなくなりました。玄米すら食べる気もうせてきました。あらゆる味のハーブティを買いあさり、とにかく玄米以外の味を味わいました。ハーブティやルイボスティだけで過ごしました。膝が痛くなりました。

4日目:玄米はいくらでも食べていいはずなのに、玄米を食べる気がしない。辛い。お腹がすいて辛いのではない。「なんでもいい、玄米以外のものを食べたい、玄米以外のものを味わいたい!」という気持ちとの闘いが、とにかく辛い。膝痛は収まりました。

5日目。回復食として、具なしお味噌汁をいただく。幸せすぎて涙がでます。

6日目。回復食として、具ありお味噌汁をいただく。幸せ〜♡ お味噌汁だけでいい、玄米はもはや食べたくもないという気持ち。

<終わってみて>
・普段からいかに食べ過ぎていたかを痛感しました。朝・昼・夜と、まるで義務のように、食べたくもないのに、そして食べる必要もないのに、食べ続けていたように思います。不必要に食べなくてもやっていけることもわかりました。

・玄米以外のものを食べるようになると、排便が臭い・・・。

・「食べたい!」という欲求より、「味わいたい!」という欲求はかなり強いし抑えがたいということがわかりました。

・体重が3キロ減に!というのは、棚からぼた餅的なラッキーでした^_^

<玄米食終了2週間後の状態>
食べたくない時に無理して食べるのはやめたため、体がスッキリし、体重のリバウンドがありません。7号食の最中はもう見たくもなかった玄米ですが、今はおかずと一緒にいただけるので、とても美味しくいただきながらずっと玄米食を続けています。不必要に食べ過ぎるとおなかが痛くなります。体が教えてくれるようになりました。

<最後に>
玄米食、本当によかったです!特に体調不良でもなかった私ですが、心も体も気づきを得ることができました。
今後も先生の玄米を食べ続けたいと思いますので、ぜひ今のストックがなくなったら注文させてください!
玄米だけはキツイですが、季節ごとに体の断捨離ということで、やはり7号食はイベントのようにやっていきながら、体調メンテナンスをしたいなと思っています。

岡山に住む妹にも今回の体験を話したところ、大変興味を持ってくれました。
まずは櫻庭さんの夜ツタで冨田先生のお話を聞いてから決めて!と紹介したところ、彼女はフルセットを購入したそうです・・・。
玄米食の輪が広がっていけばいいなと思います。

本当にありがとうございました。
そして、今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメント
玄米食の輪がまた確実に広がり嬉しいです。

さて、玄米ごはんがダメで食べたくない‼️

こういう状況になる人の特徴は

ご本人も書いておられますが

いろんな味が欲しい‼️

という基本グルメの方達です。

実行後に主食を玄米ご飯に切り替えられたということで、

終わりよければ全て良しです。

いろんなもの食べたいというのも、

いろんなものがある部屋と同質性があります。

心の断捨離成功でしたね。


7号食にご興味のある方は

すぐにできるお得なセットもあります。

BL研究所のHPをどうぞ。


文中の夜ツタはラジオのFM放送番組です。

聴いて見たい方は050-1193-9391にお問い合わせください。





2017年6月8日 9:38 冨田哲秀 :
posted by 変才冨田 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック