玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年06月20日

寝つきが悪い‼️ 意外な原因

4日間の北海道社員研修でのことです。

毎晩寝つきが悪いという男性スタッフの血圧測定をしました。

血圧測定といってもおざなりなものではなく、

脚を水平にして上体を起こした状態での血圧測定をします。

そして横になって測定

立って測定をしてその変化を記録します。

これで何が判断できるのかというと

将来痴呆になるのかるのか

寝たきりの痴呆になるのか、徘徊型なのかがわかります。笑

この判定法はまた書きますが

男性スタッフは横になった時が血圧が下がるべきが

上がってしまうのです。

脈も上がってしまい、

つまり横になると交感神経が興奮してしまうのです。

これが寝つきが悪い理由です。

そうなっている原因として彼は親知らずを抜いており、

ロックがかからず横になった時に下顎が落ち込みすぎて喉を圧迫します。

これが呼吸を妨げて頭への血流低下を引き起こします。

それを補うために交感神経を活発にして血圧も脈も上げることになります。

そこで、左下横寝と右下横寝の状態でそれぞれ血圧を測ると

左下横寝で呼吸が楽で気持ちが良いと言います。

血圧も見事に下がっています。

その晩から2日間すぐに眠れたそうです。

こういうことは本人の感覚的な問題で、普通は寝やすい姿勢をとるものです。

ところが彼は「寝る姿勢は仰向けでなければいけない‼️」と思い込んでいたというのです。

意識の強さが自然な流れを阻んでいたのです。
posted by 変才冨田 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック