◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年05月10日

原因は自分なので自分から始める以外にない


人間は場を「与えられ」なければ力を振うことはできないでしょう。

でも、本当は場は与えられるものでなく自らの力で獲得するものなのです。

人という動物としてはいきなり生まれおちて場を得るわけですが

それから育てられて、教育されて、次は人間として生きていく場を獲得しなければいけないのです。

その場のそばに他者の場があり、立体パズルのようにして「私」の場と「他者の場」が噛みこみ合っています。

その場からふっと抜けられることは難しいのです。

難しいほどにそれはあなたの確固たる場なのです。

あなたがいなくなると多くの人の場の力が弱まってしまうのです。

簡単に抜けられるような場であれば、もともとあなたはそこでは力を発揮できていなかったという証拠でもあるのです。

あなたが力が振えるような「場」をつくりましょう。

場のない人は力が発揮できないので「無力」です。鬱にもなってしまうのです。

ここまでが前回です。

つながりというもの

簡単に断てるようなものであれば

それはすでにほころびがあるのです。

離婚できる人は、もともとゆるーいつながりなのです。

そのゆるさは善悪ではないです。

緊密な関係がいいといっているわけではありません。

簡単に仕事がやめられないわけは

自己と仕事が同一化しているからです。

さて

自己の力をふるうには

自己を仕事へと拡大しなければなりません。

その方法は「関わる」ことです。

関わるとはつながるという言葉と同義語です。

主体的にソレに向かって発言し、自らの手を加えることです。

自らの手が加わってソレに変化を与えると、その変化があなたにも向かってきて

あなたを変化させます。

つながりとは双方向なのです。

ストーカーは一方的ですからつながったことにはならないのですね。

マイナスのつながりです。

相互に影響を与え合う関係がプラスのつながりなのですね。

いつまでもソレに評論家的、傍観者的な態度では

あなたが成長しないのです。

いろんな人や事に出会っても「あの人はつまらない人、つまらない仕事」

といっている間は

あなた自身がつまらない人、状態なのです。

やる気になれない原因を社会や仕事、他者に求めているあなたは

あなた自身が他者の足をひっぱり、やる気にさせていないのです。

動機を外に求めるのではなく

あなた自身を原因にしないといけません。
posted by 変才冨田 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック