◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年05月09日

国家的不吉の花が事務所の裏で咲いていた その臭いの中で我が野良猫玄ちゃんが出産か?

下水の澱んだ悪臭の原因がこの花でした。

IMG_2930.JPGIMG_2929.JPGIMG_2928.JPG
この花はトピカズラと言います。
滅多に咲かないそうです。
九州のある地区では天然記念物です。
熱帯の植物ですね。今年も暑くなりそうです。
以下は引用
トビカズラの名の由来として、2つの話が伝わっている。治承・寿永の乱(源平合戦)の頃、壇ノ浦の戦いで敗れた平家の残党が相良寺に落ちのびた際、豊後竹田の源氏方の武将である緒方惟栄が寺を焼き討ちした。焼き討ちの際に寺の千手観音は飛翔してこのカズラに飛び移り、危うく難を逃れたという。また、一説には千手観音がカズラに姿を変えて飛来し、走落の坂を下る緒方三郎の足にからみつき、落馬したところを残兵が討ち取ったとも伝えられている。

トビカズラは霊華「優曇華」(うどんげ)と呼ばれ、「霊華時を隔て開花することあり。開花すれば必ず国家的事変がある」と言い伝えられてきた。事実、1929年(昭和4年)5月に35年ぶりに開花した翌年に満州事変が勃発した。また、仏教の世界では「三千年に一度開花し、その時は金輪王が出現するとも、如来が現われる」とも言われている。

さて、玄ちゃんが出産したようです。
隣のベランダの下から子猫のにゃあにゃあが聴こえているようです。
お腹が大きくて凄い食欲だったので怪しんではおりました。笑
posted by 変才冨田 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック