玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年05月05日

人間の存在価値の復権 坂爪氏さんの「ごちゃ混ぜの家」構想 1

坂爪さんが提案された「ごちゃ混ぜの家」はクラウドファンデイングは募金で大成功でした。

200人以上から500万円近くの募金がありました。

多くの賛同者を得た「ごちゃ混ぜの家」とはどういうものか。

これは僕の最近の考え方とオーバーラップしており

注目するようになりました。

人生をデザインするのかアートするのかの実践版といえそうです。

人は役にたたねばならないのかというあたりですね。

先ずは彼の文章をどうぞ。

以下は引用

昔から「家族とはなんぞ??」という思いがありました。多分、私は『ごちゃまぜの家族』をつくりたいのだと思います。

ごちゃまぜの家をつくりたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

▼はじめにご挨拶

わたしは、いまから3年ほど前から「家のない生活」を2年間ほど続けていました。きっかけは、当時、東京都内で同棲をしていた彼女と別れたことで、荷物の少ないわたしが家を出ることになりました。当時、林修先生の「いつやるの?」という例のアレが大変流行をしておりまして、当時の彼女が「いつ出るの?」とわたしに尋ねるものですから、わたしも咄嗟に「いまでしょ!」と答える流れになりまして、その日のうちにホームをロスすることになりました。人生は何が起こるかわからないなあなどと思いながら、同時に、わたしは常々「東京の家賃は高すぎる!これでは、家賃を払うために生きているみたいなものじゃないか!」などと勝手にふんがふんがしていたものですから、家がなくなったいま、ふと「家がないということはもしかしたらチャンス!月々の家賃がかからなければ、生きるハードルも一気に下がるのではないだろうか」と閃きまして、これはいい機会だということで「家がなくても生きることはできるのだろうか」ということを自分を使って試してみることにしました。



同時期にブログを開設していたので、わたしは「これこれこういう思いで家なし生活を試してみようと思う」と書きました。すると、非常に幸運なことに様々な方々から「それなら我が家においでよ」とか「渋谷に来たらラーメンを奢るよ」とか「この家は使っていないから自由に使っていいよ」的なご連絡を大量にいただきまして、誘われるがまま呼ばれるがままに足を運ぶようにしておりました。最初は「もしかしたら危ない目にあうかも…最悪の場合は殺されるかもしれない…」などとビクビクおびえていたりもしたのですが、よくよく考えてみるとわたしを殺すメリットは何もない(当時から、ブログなどでも「わたしにはおうちもなければお金もありません」などと書いていました)ということに気づきまして、あとは野となれ山となれの精神で突撃をする日々を過ごしておりました。すると、みなさま非常に良い方々ばかりで、ああ、ひとは優しいのだなあという当たり前のこと(しかしながら忘れがちになっていたこと)を、強く実感しました。



それからいろいろとありまして、やがて県外の方からも「君は不思議な男だね。交通費を出すから泊まりにおいでよ」的なご連絡をいただくようになり、家のない生活も2年目にはいる頃には海外からも「航空券を用意するから遊びにおいでよ」などと声をかけてもらえるようになり、結果的に日本全国47都道府県、国外も20カ国近くに足を運ばせていただけることになりました。元来、旅好きでもなんでもないわたしも「旅人」などと呼ばれるようになり、改めて人生は何が起こるかわからないなあと思いました。そして、家のない生活は様々な気づきを与えてくれました。わたしは、家がなければ生きていけないと思っていたのですが、「家がなくなったら生きていけないばかりか、家があった頃には到底出会うことのできなかった(お金もなかったので海外にも行くことはできなかった)面白い目にあえているこの現状はなんだ!!」と、自分でも自分に起きていることの意味がよくわからなくなってしまいました。



▼このプロジェクトで実現したいこと。

家のない生活は2年間ほど続いたのですが、その後、ブログ読者の方から「さすがに家のない生活は大変でしょう。熱海でもよろしければ家をご用意いたします」という連絡をいただきました。わたしはなんだかびっくりしてしまって、なにはともあれ一度その方にお会いさせていただくことになりました。実際にお会いしてみると、その方はほんとうに素晴らしい人柄の女性で「ああ、このような方が用意をしてくださる家に住めるだなんて、自分はなんて幸せな人間なんだろう」と感慨に耽り、結果的に(なんだか漫画のような展開でもあるのですが)その方が熱海に家を購買してくれることになりました。この時点で、およそ2年間におよぶ家のない生活はピリオドを迎えます。いまは熱海に家があるのですが、引き続き、何かしらの要件でわたしを使っていただける方がいる限り(そして自分の予定があう限り)どこにでも足を運ぶ日々を過ごしています。



これまでの日々と、そして、このような形で与えられた熱海の家は完全に「みなさまの善意【自力ではなく他力】」によって授けられたものになりますので、自分のためだけにこの家を使うのは何かが違うと思ったわたしは、熱海の家を「誰でも使ってください」と完全に開放をしました。家の鍵はかけず、家にあるものは(家主が不在の時でも)なんでも使ってOK、玄関には『みんなの財布』と銘打って出し入れ自由の財布を掲げてみました。ただ、熱海はどうしても都心から距離もあるためになかなか誰でも気軽に足を運ぶということができません。そのため、こういう完全に開放をされた家が日本のど真ん中にもあったらどうなるのだろうかということに最近では強い興味を持つようになりまして、今回、このような企画を立案させていただく運びとなりました。



話が長くなってしまいました。わたしがやりたいと思っていることは「東京にごちゃまぜの家をつくりたい!」ということで、その空間は完全に無料で開放をされていて、場合によっては無料の喫茶店や食堂としても機能をするような(365日炊き出しが可能であるようなイメージ)、手料理をつくりたいひとは手料理をつくり、手料理を食べたいひとは手料理を食べる、誰かと話したいひとは誰かと話し、誰とも話したくないひとは(用意できるかどうかは未定ですが)個室などで静かに本を読む、希望者の方は無料で宿泊をできて、欲しい本があればそのまま持ち帰ってもOK、ある程度の人出が集まった暁には「一時的な託児所的な役割」も気がついた頃には勝手に担ってしまっているような、ある種のカオス、それでいて空間全体の調和がとれているような「ごちゃまぜの家」を東京につくれたらいいなあと思っています。



▼プロジェクトをやろうと思った理由

人間の三大欲求は「食欲」と「性欲」と「睡眠欲」などと言われておりますが、よくよく考えてみると「これって全部家で叶えられるヤツだね!」ということに気がついてしまいました。性欲とは、多分、コミュニケーション欲求(必ずしもセックスのことだけを意味するのではなく、誰かとつながりたいと願う感覚)のことだと思うのですが、いまはちょっと誰かと話したい気分だな、だけどなかなか気軽にひとと話せる場所ってないよね、なんて思われたことのある方は、きっと、わたしひとりだけではないと思います。人間の三大欲求を叶えるベースになる場所、今回は「手料理」というものがなんだかものすごい大切なキーワードになるような予感がしているのですが、誰もがふらっと立ち寄ることができる場所、そこに行けば手料理をつくってくれるひとがいて、手料理を食べながら話したり話さなかったりできる場所、そういうものの第1弾を東京につくりたいと思います。
posted by 変才冨田 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック