◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年04月16日

自分のことを気に入っていますか?

楽しい毎日の土台は
自分のことを気に入っているということが土台になります。

ぼくは毎日失敗を繰り広げていますし、
未熟なところだらけでホトホト自分が嫌になることも多いのですが、
基本自分のことを気に入っています。

幼稚なところがあって、もっと年齢に応じて重厚感を出したらどうかとも思うのですがキャラクターなので仕方ないです。

自分を気にいる方法ですが、

細かいところに注目しないということが絶対です。

自分の欠点が見える人はどこかに完全主義があるのですよ。

重箱の隅を突つかれるような子供時代があったのでしょうね。

つまり、あなたの親が欠点ということに注目する癖を持っていたのです。

ところで欠点があってどこが良くないのでしょうか。

それ以前に

失敗することで欠点が現れるので、
そもそも失敗がいけないという思考法になります。

欠点は失敗とセットになっています。

欠点をいけないことという思考を止めるには
失敗は悪くないゾ‼️
という眼差しのデザインが必要です。

みなさんは、少しも失敗しない人がいるとして、
さて、その人を好きになれるでしょうか。

失敗ばかりしている人は、チョット好きってならないですか?

僕は失敗ばかりする人は好きです。

エゴギョウにおいて判断力は木性ですね。

判断力を高めると失敗しなくなるでしょうか。

そんなことはないのです。

高度な判断力は次元の高いところで失敗するのです。

したがって、

みなさんはレベルの高い失敗を求めれば良いのです。

レベルの低い失敗に学んで、もっと高いレベルで失敗すると
これは毎日楽しくなるのですよ。

レベルの高い失敗ができている人は
きっと自分を気に入ることができるようになります。


追伸
え?僕ですか?
相変わらずレベル低い失敗繰り広げています。

博多に行った時です。

駅前のホテルで5分で行けるのに2時間かかりました。
posted by 変才冨田 at 01:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
追伸の字が小さいです(笑)。気にされてるんですか、ちょっとは。
過去三つのブログを読んでいて、顔の話で「佐藤浩市をみていると先生を思い出すけど・・・、何かが足りない・・・。なんだろう、それは・・・、大人の渋さ!だ。要するに幼稚ということですね」というコメントを書こうとして、先にこのブログを読んだら、ちゃんと書いてありました。
短所は長所、長所は短所。欠点だと思っていることを改善してしまうと、長所が無くなると思います。
大人っぽい冨田先生を見たい人はいないと思います。
時間前に到着して、サクサク仕事を始められたら、周りは焦ると思います。
だけど、一応、身長が大人サイズなので、迷子になっても「ぼく、どうちたの?」と尋ねてもらえないから、その辺りは大変ですね。

私、自分は、失敗するけど、失敗しない人が好きって言うほどにはあんまりらないんです。
失敗した自分を責めてるってことですかね。
というか、人によるかも。口うるさい人が、失敗したら、「いい加減にしろや」ってなります。私、金性人て、意外に失敗が多いのではないかなあと、最近、思っています^0^/


Posted by KF at 2017年04月16日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449050048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック