◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年04月11日

7号食レポート 心身の観察 察知する力



KF
2017/04/08 12:01

こんにちは。 実家の肥満の猫が、背骨の病気(腫瘍か血腫?)のようで、下半身不随になり、入院しましたが、少し回復して来たので、水素風呂に今日から、入れています。 下半身不随なので、逃げませんので・・・、タライにお湯を張って、30分間水素生成し、入れました。観念しているようでした、それと、気持ちがいいのもあるのでしょう、最初は、「ぎゃー」って怒っていましたが、10分ほどは、入っていました。

これで、元気になったら、私は、猫の水素風呂の専門家になろうと思います^0^/

さて、七号食、8回目を終えました。 ハーフを入れると、11回ぐらいしています。 ここ数年、この時期には、七号食をしています。 今回、バレンタインデー後、お菓子を食べる機会が増えてしまって、その上、ホワイトデーまであって、義理菓子が、集まり、食べない私も、暇な時に食べてしまって、低血糖症候群気味になっていたと思われます。 そこから逃れるためのリセットとしての意味もありました。

七号食や半断食を繰り返していると、余分な油を食べると尿にすぐ排泄され、糖分を摂ると、すぐに尿が泡立ったりしていましたので、いろいろサインがありましたが、基本食も昼だけで、あまりにも悪い食生活と、睡眠不足で、そういう反応もなくなり、危機をかんじておりました。 体が、悪いものに慣れてしまいつつあったのだと思います。 「すごく、体に悪いことをしてしまった。体さんごめんなさい。」と、かなり反省しました。

七号食を始めて、最初の1日〜2日は、だるかったですが、2日目の夕方から、もう体が軽く、元気になっていました。 今回は、9日目頃まで、尿の色が濃かったです。10日を過ぎると、普通になってきました。 3日目ぐらいに(もともと花粉症はないが、)鼻水がよく出ました。 水素風呂も併用していました。お風呂に入ると、背中がかゆくて痒くて・・・。その期間を経て、元々背中にあったアトピー様のシミが、10日目ぐらいにはきれいになりました。

便は、ほぼ毎日か2日に1回出てはいましたが、最初は色が悪くて・・・。古い滞留便が出ていたのかも知れません。 雑穀は、嫌いではないが、多くなり続くと食べられない私は、 ワパーブ不足・貧血予防のために、紫米を炒って、お湯で煎じて、それで玄米甘酒を割って飲みました。 私は、お米は、自分が美味しく続けられ、便秘しない配合で食べます。

もちろん、製品は、BL研究所(株式会社 玄)のものです。 今回は、食欲が無くなることもなく、10日間、すんなりと続けられました。 8日目に、夜遅くまで、ゴスペルのレッスンがありましたが、行く前は、少し貧血気味かなあと思い、紫米で作った甘酒を飲みました。

立ちっぱなしの2時間半、平気どころか、むしろ元気になりました。ゴスペルは、立って足は動かしていますし、呼吸も深いので、赤血球生成になったのかなあと思います。 七号食中に、しっかり歩くことと同じ効果だったのでしょうか。

10日目過ぎてから、具あり味噌汁の直前だったか?に、夢を見ました。小さな大根に砂糖をかけて食べる夢です・・・。(/・・)/ 大根と砂糖・・・さとうだいこん・・・甜菜糖?! 白砂糖よりよいかと食べ過ぎたかも知れません。 いつも失敗した夢に出てくるのは、そのときのマイブームになっている食べものです。 結局、食べ過ぎということですね。 食べ過ぎ分が、排泄されたのかなあと思います。

あとは、10日目ぐらいの弁に胆砂のようなものが混ざっていました。これは、ここ3回ぐらいの七号食で起こっている現象です。今回は、少しでした。 体重は、3kgぐらい減。自画自賛ですが、ただやせただけではなく、お腹がへっこんでスタイルは良くなったと思います。

体はとても軽かったです。 七号食が終わっても、6号食を続けています。今朝は、七号食を始めてから、19日目ですが、今日が、一番、便の調子がよく、寮も、色も、水に浮いてる感じも(笑)、よかったです。 長くなりましたが、今回の七号食中は、最初から、自分の人間性を試されることが多くありました。最後の方にどっと押し寄せて来ました。自分の内面を見つめる16日間になったと思います。 手中力もあったと思います。 それと、小さなことにでも幸せを感じられるようになっていると思います。 また、人と話をするときに、話題を振るとその相手が「あ、それ、今、言おうと思っていたこと、尋ねたかったこと」などということも多く、七具食は、自他を区別せず、クリアになっていくものだなあと思いました。 七号食中、友人などの精神的な問題を引き寄せる場面が多くありましたが、巻き込まれることもなく、クールに過ごせました(只単に、土性が低い冷たい人間かもしれないので、これがいいのかどうかは、分からないけど)。 私をみていて、新しい七号食仲間が増えそうです。一人前にアドバイスしています。

posted by 変才冨田 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック