◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年03月29日

認証について 土曜日の夜学に通じる話!

カーク船長、こんにちは。 先日の夜学の、人は認証を求めている、というお話すごく面白かったです。

その帰りに、一緒にいた方にはお話ししたのですが、ちょうど、最後の挨拶の内容に近いなぁと思いました。 以下、その話した内容です。(長文ですみません)

不安や心配、自信がないことなどはマイナスの感情として出してはいけないのだと思っている人がたくさんいるなぁと感じます。ましてや、怒りや苛立ち、焦りなどもマイナスの感情だから、とそういうことを感じる自分をダメだと思う人も多いです。

私も以前はそう感じていました。でも、そうではないことを最近すごく実感するので、最後の挨拶に、感情にマイナスもプラスもないのだということについてお話しすることにしました。 イライラや不安、自分への自信のなさなど抱えているとすごくしんどいです。

大人になっても、私はこれらに振り回されることがよくあります。ただ、以前と違うのは、そういう感情を持ってもいいか、と思えることです。大切なのは、なかったことや無視しないこと。その自分をそのまま受け止めて、できるなら、話しやすい人に、腹が立ったんだとか、不安なんだ、自信がないんだとか話してみてください。

話すときのポイントは、怒りのままにぶつけたり、腹が立った対象について話さないこと。「私はこういうことで腹が立つと思った」「不安に感じた」とか、自分が感じた感情として話すと、自分も落ち着くし、受け入れてもらえます。すると、その感情は嫌なものではなくて、素直な自分の気持ちを受け止めてもらえるきっかけとなります。

心を開いて自分の気持ちを言うと、否定されたときに立ち直れないかも、と思うと怖くて出来ないかもしれないですが、繕った自分でいるよりは、ずっと良いと思います。本当の自分では受け入れられない、と思いながら過ごすよりは伝えてみて欲しいと思います。

少なくとも、思い切って話せた自分に対して自信のかけらみたいなものが付くと思います。もちろん、できるだけ、聴く人も否定とかコメントなどせずにただ聞いてあげてください。 お互いに否定せずに、そういう気持ちでいたんだな、そういう考え方なんだなと受け止めあえたら、大きな力になりますし、大きな安心感をもてます。

そのための一歩として、自分の感情をそのまま受け止めて、誰かに話してみて欲しいと思います。案外、聞いた方も、自分だけじゃなかった、と安心したりするかもしれません。 以上です。 自分自身の感情の認証、お互いに認証し合う関係を築くこと、とか、先日の夜学に通じることが多いなぁと思いました。

という文章をお送りしていること自体が、私の認証欲求なのでしょうか?(笑) これから仕事で夜学に行けなくなるのが残念です…。 私にとって、カーク船長のお話は目から鱗だったり、自分の考えの再確認になったり、非常に大切な視点を与えてくださいます。ありがとうございます。

カークのコメント
本当にそのとおりだ思います。

そして
不幸にして自分の認証欲求が受け入られなくとも構わないのです。

他者に表現できたということで自分が自分に認証を与えたわけです。
posted by 変才冨田 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448516082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック