玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年03月10日

危険だ、日本‼️ 声をあげよう。

機密法案 戦争法 共謀罪

このようなものは戦前にも同様のものが次々できて、最後は国家総動員法でした。

国民総活躍社会と安倍さんは名前を変えて、国民に打診したのです。


一方では国民の特に若者の貧困化を促進しています。

国を軍事化するには若者を貧困にしておかないと
一兵卒を集めることができません。

実際のところ
自衛隊には一兵卒が足りていません。

利子付きの奨学金を返済することが就職の第一歩で
就職即貧困化ですね。
軍隊に来れば食べられるよ、と誘いの手がが伸びてきます。

消費税は何をしたかというと
国民の預貯金分がそのまま大企業の内部留保金として移動しました。

多くの企業がブラック化してしまい、
人々は考える時間も与えられず社畜状態です。

では、こうした状況を変えるには政治を根本から変える必要があります。

けれど、誰に投票したって何も変わらないと多くの人々は無力感に捕らわれています。

そう、囚われているのです。

政治に国民が介入できないように無力感を植え付けています。
洗脳です。

教育は、自分の感性や考えを否定して教師や教科書に従うことを強います。
自分の感性や考えを述べると落ちこぼれます。

君が代斉唱を強いるのは
国の言うことを聞け‼️
ということです。

愛国心に満ちた国民が溢れた国‼️
安倍さんから見ると
これが美しい国

園児に教育勅語を暗記させ、軍歌を唄わせる。
これを素晴らしい教育だと称揚するセンスにはただ呆れるばかりです。

道徳心は個人が涵養するものであって国が強要してはいけない。

俺を愛せよという男を愛せる女性はいない。

国が国を愛せよなどというのはナンセンス。

愛することができる国創りをすれば自然に愛国の心は湧くものだ。

沖縄の辺野古では、
ジュゴンが大切か人間の命が大切かと看板が掲示されている。

その下の砂浜では工事によってサンゴが破壊されている。

同じ言葉を聞いたことがある。

亀井さんが環境大臣の時だ。

諫早湾を埋め立てて関門工事をしている時だ。
彼は言った。
ムツゴロウが大切か人間が大切か?と。

同じ命を対立構図で見せて
命を分断するセリフだ。

真実は
ムツゴロウやジュゴンが安心して暮らせる環境こそが人間も安心できるのだ。

こんなおかしな国を変えたいものです。

戦争法案反対の声は若い人からあがった。

希望はある。

この記事へのコメント
先日の京都のセミナーを聞いて、また 7号食を始めようと思いました。
2月18日の血液検査で 血小板の数値が73.8万まで高くなっていました。
2月20日より7号食開始。
16日間のクールを終えて、19日目(前回の採血から3週間後)の採血で、血小板は 54.9万まで下がっていました。
毎年 10万ずつ上昇し続けていたのに、たった3週間で20万近くも下がるなんて!まだ正常範囲ではないけれど、次の検査まで 6号食、5号食を続けたいと思います。頑張った自分へのごほうびに1日か2日くらいはランチに行きますが(^_^;)
体重は2kg減りました。(身長が低いのでこんなもんでしょう)
腹囲は4〜5cm減りました。
7号食開始から10間は快腸でした。具入り味噌汁が始まってからは少しガスがたまりますが、毎日 超快便です。
やって良かった7号食、私のまわりの不健康な食生活の人に自信をもって勧められます。
Posted by 高畷 敦子 at 2017年03月13日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック