玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年03月01日

聴覚トレーニングについて 


先程聴覚トレーニングのレンタル依頼の電話をさせていただいた者です

元々2年前に7号食でHPにたどり着き、色々と購入させていただいたのがきっかけです。

2月15日に右側の耳下腺腫瘍の手術を受け、その際、悪性かもということでリンパも取られてしまいました

手術の影響で肩が上がらなくなり、顔面神経も一時の間出ますという事でした。

退院後、髪の毛をとくのも触るのも痛いので気休めに一晩、現不思議シートを使用したところ翌朝、

90度しか上がらなかった腕が上まで上がり、口をいーっとした時、右側が反応しなかったのに上がるようになりました

(以前、使用した時は何もわからなかったです、ごめんなさい)


これはすごいと他にも良さそうなものがあればとHPを見たらまた面白そうな物が(*´∀`*)

息子は小学2年生ですが視力が0.1しかなく、

私は近視と乱視なのですが12年前に膠原病を発症し(現在は寛解中)その際に合併症で左目を眼底出血をして炎症をおこして視野が欠けています

ここ最近は手術の影響で右目の瞬きがちゃんとできておらず見えにくいので、見えたらいいなーと思い申し込みをさせていただきました

楽しみです

コメント
先ずは右目の瞬きのことですが
これは瞼と脳のつながった神経が鈍っているのでツンツンセラピーが即効性があります。
眼の骨周辺(眼窩)をグルリと爪楊枝のとがった方でツンツンします。
必ず瞬きしやすくなります。


聴覚トレーニングも脳内血行を回復させることで神経が鋭敏になり情報処理がスムーズになり、結果として見えやすくなるのです。

子供さんの視力はきっと改善されます。
研究所でも聴く前と聴いた後(15分のトレーニング)で大幅な違いが出ています。
緑内障や黄斑性色素変性症のかたにも大きな変化がありました。

眼底出血は神経の情報処理とは関係のない器質的な故障なので、そこまでは改善できるかどうか、なのですが

情報処理は回復するので脳がh精してくれることで見えやすくなるのです。

聴覚トレは脳内に押し寄せて溜まってしまった情報ごみをきれいに掃除してくれるので、眠りの質にまで影響を及ぼします。
グッスリ眠れることと、眠りながら脳内の情報整理ができているので
翌朝の目覚めが違い、シャキシャキ朝から動けます。
















posted by 変才冨田 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 傳田聴覚トレについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック