◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年02月02日

驚異の足楽です輪‼️ いったい何だ、これは‼️

お世話になっております。
足楽です輪を1ヶ月使用してみての感想ですが。

私は右足過重なので、左足だけ巻いていましたが、右足の痺れがかなり楽になりました。
驚いたのが、足の形が変わってきたんです。足の甲がしゅっとしてきたっていうか。

水虫持ちなのですが、それもあれ?足指のベタつきなくなったなあと。

子供の頃からの股関節の歪みなので簡単には治りません、
やはり右足の痛みや疲れはありますが、それでもかなり楽になってます。

なにより、踏ん張ってる感じがなかった左足に力が戻ってきた感じです。

これが一番の手応えですかね。
この紐はいったい何なのでしょうか?笑

不思議です。インソールはこんなのもじゃないですよとの先生の言葉。

届いて早く試してみたいです。
ありがとうございました。


この方が研究所に来られた時の記事が下です。

40歳くらいの男性の相談です。

右脚が酷くシビレて、目が覚めてしまうことも多い。

今までに整体治療院に通っていたが良くならない。

インソールも何度もいろいろ使ったけれどもどうにもならない。

パン工場で働いていて、重い粉袋を担ぐことが多い。

以上の相談です。

こういう相談は非常に多いですね。

私「大丈夫です。きっと帰るときは楽になっていますよ」と、いつものセリフです。

いつもの筋反射テストをすると
途中で腰が砕けてグラっと前に揺れます。

おうリングテストでも
本人は一生懸命力を入れようとされますが、力が入りません。

で、重心調整用インソール「姿美人」を床に置いて、その上に立っていただきます。

さっきと同様のテストをするともう別人のような力が入ります。

本人は驚いて私に「さっきと同じ力を入れていますか?」
と、これもよくある反応です。
実際には、緩めるどころか私はもっと力を入れています。

この方も何度も同じテストを納得するまで繰り返しました。
男性はこのパターンが多いです。
神経が鈍っているので自分の感覚で身体の変化が捉えられないのです。
自分の意識的な力に依存してきた人は自身の無意識の力が信じられないのです。

筋反射テストが合格だったのでインソールの効果は証明されました。

次のテストは靴に入れて確かめる段階です。

歩いていただくと、もはや瞬時に納得されました。

グルグル部屋を歩き、止まってはいろんな動作をされた
「楽です。これだと仕事できますよ」とあかるい表情になられました。

私「では、足型を作ります」
image.jpg
右脚過重になっています。
こうした現状を変えない治療法が横行しています。
彼がこれまでに受けた治療は無意味でした。

また、彼がこれまでに作ったインソールはこの過体重を正常にできなかったのです。

私「出来上がるのに40日かかりますが、その間を楽に過ごす方法を教えます」

ここで「足楽です輪」をテストします。
image.jpg

この輪を左足の指にだけ巻いて筋反射テストをしますとしっかり力が入ります。
本人は驚いてやはり首を傾げますので、左足指の輪を取って右足指に巻いていただき再テストです。
当然ながら力が入りません。
右脚過体重がより強調されて脳に狂いが生じて力の入れ方がわからなくなるのです。

そこで、両足に巻いて再テストです。
これでしっかり力が入れば、この状態でインソールができるまで過ごします。

ところが左足指に巻いた時と微妙に力が落ちるのです。
本人もそれが分かったようです。

私「10日間だけ左足指にのみ巻いて、調整期間にして、その後両足指に巻いてください」

歩いていただくと、これでも楽です。という事でした。
彼「一体これはなんですか?」
私「普通のヒモではないですよ。和紙に特殊鉱物が練りこまれています。だから、巻いていなくても」
二本を手に握るだけで力が入ることも確認できました。
image.jpg
プラスチックの放射イオン測定 6しかないです。
image.jpg
1,200ですね。

希望を持って帰られてから1時間経て再度いらっしゃいました。
私「忘れものでしたか?」
彼「友達の分も欲しいので足楽もう一個ください」

さて、足楽です輪とインソール姿美人の選択ですが
元々インソールが先にあって、完成まで足楽です輪を使ってきたのです。
けれど足楽です輪の効果が高く、その割に2160円と手軽なのです。

使用しての気持ちよさはインソールが異次元に良いです。
足楽です輪の愛用者はやがては重心調整用インソール姿美人の作成をお勧めします。
足楽です輪でカバーできない方は早く作成されれば良いですね。
posted by 変才冨田 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 重心調整「姿美人」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック