玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年11月02日

11月 12日 東京夜学

12日(土)東京夜学 エゴギョウ講座 中級編

中級編は実践が課題になっており、今回はその第二回目です。

だからこそ、初めての人も参加されたほうが良いのです。

初級と中級の間に五つの認証ワークがあって、それを経験しておくとより深く中級は理かいできます。

五つの認証ワークとは

食の認証

身体の認証

他者の認証

お金の認証

仕事の認証

という順番です

中級編を学びつつこの五つの認証ワークのやり方と意味もお話します。

そして、実践編とは

学ぶだけでは理解しても腑に落とせません。

知識だけではダメで実践して知識は知恵になります。

学んだことを、即教えるのです。

それが一つの実践です。

もう一つは即カウンセリングをするのです。

誰かに練習台になってもらい実践します。

相手も必ず興味をもっていただけます。



開始 19時  終了 21時

内容
行為の意味づけをすればストレスのない仕事ができる。
主体的ということの本当の意味
火性と土性と木性を活かし
金と水の誤解を解く

会費 2500円

場所  東京会場場所 千代田区九段南2-2-1エース九段ビル5階 (株)ティー・ユー・ビーアソシエイツです 九段下駅2番出口より、坂を登り武道館入口を通りすぎ、コンビニ(ファミマ)を通りすぎた先の四つ角の信号機手前を左折、二松学舎大学4号館の隣の隣のビルです



posted by 変才冨田 at 11:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7号食レポート
 
毎日2.5合+甘酒、とたらふく食べて体重変化は−
0.5kg。あまり痩せなかったことの心当たりは、毎
日歩いてはいたけれど内容が犬の散歩だったので
たいした運動ではなかったことと、ご飯にふりか
けていたゴマ塩が塩分多すぎで浮腫んだかも?と
いったところです。

期間中、便秘は1日、頭痛は10日間ありました。
とにかく玄米+雑穀のご飯と甘酒がおいしかった
のと、それを好きなだけ食べていい、というルー
ルでさほど辛さを感じずに過ごしました。なにか
食べたいものが頭に浮かんでも「16日後に食べれ
るし!」と思いつつ炒り玄米をガリガリ噛んで乗
り切れました。

7号食をやって、自分は『ストレスがかかると食に
走る』ということがよくわかりました。なにか食
べたくなるタイミングというのが、ストレスがか
かったときなんです。それがささいなものであっ
ても。思えばのべつまくなしに口になにか放り込
んでいました。それもほとんど噛まずに!

乱暴な食生活をしていたなあ、と思います。
7号食で、空腹のときに、かみしめながら食べ物を
味わうことを覚えました。

7号食後は、それまで大好きだった生クリームにキ
ャラメルソースがけのクレープや、チョコアイス
を食べても「うーん…そんなにおいしくないな…
」と思えてしまいます。甘いものを食べなくなっ
たわけではないですが、回数は確実に減りました


さて、みなさんレポートで、7号食を通して起こっ
たミラクルを発表されていますが、私に起こった
ミラクルは「タバコやめちゃいました!」です。
当初やめるつもりは毛頭なく、期間終了後に吸う
気まんまんだったのですが、終わった後は「んー
…ま、吸わなくてもいいか」って心境に変化して
おり、タバコやめてもう1カ月以上です。不思議な
ことにタバコに対する渇望がないので「禁煙」っ
て言葉が合わないんです、吸いたいのを我慢して
いるわけじゃないので。タバコ、いらなくなっち
ゃいました。煙をくゆらす時間が好きだったので
、ちょっとさびしいなあ。でも、カラオケ行った
ときに高音が気もちよ〜く伸びるので、やっぱり
やめてよかった〜。

ひとつ誤算は、炒り玄米をガリガリガリガリ噛ん
でたら、奥歯の詰め物が欠けちゃったことです。
気をつけましょう!
あとは、7号食中にたっぷり玄米ごはんを食べてい
た習慣が抜けず、7号食後からじわじわ太ってきま
した。3週間で2kg増えるって、うーん、まずいで
すね…(汗

Posted by aki at 2016年11月02日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック