玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年09月30日

7号食レポート お腹回りがすっきりして、きつくて着れなかった服が楽に着れるようになりました。

7号食2日目 朝から重い頭痛、昼には吐き気が出てきて何度か嘔吐、その後 あくびが止まらず今まで感じたことのない眠気で仕事どころではなく、玄米食が続行できるか不安になりました。
「食用学初級編」に不快な症状が出ても気にしないで続行して下さい。とあったので、
続けていくと4日〜5日目はとても身体が軽くなり、長年 辛かった外反母趾の痛みがいつのまにか痛みを感じなくなっていて不思議でした。

初7号食を体験して、「7号食する前」→「7号食した後」の変化を報告致します。

・昨年12月頃からずっと倦怠感があり、何事もやる気が起こらずプチ更年期症状が出てきたのかと感じていました。
→ 7号食をして以来 質の高い睡眠がとれ、少しずつエネルギーが沸いてきて、活動的に動けるようになりました。

・好きな時に好きな物を飲食している食生活を送っており、暴飲暴食した翌日には顔に吹き出物が出来ていた。
→ スナック、インスタント物や揚げ物などが一切食べたいと思わなくなり、肌が艶々してきめ細かく柔らかい肌になりました

16日間の7号食 「良く食べ」「良く寝て」で約4kg減量し、血管年齢・体内年齢も実年齢よりマイナス5歳(*^0^*)♪♪
お腹回りがすっきりして、きつくて着れなかった服が楽に着れるようになりました。
引き続き 「良く噛み」、「良く歩いて」体調管理の為にも玄米食を続けていこうと思います。

7号食に出会えて感謝しています。 ありがとうございます。

コメント
7号食は五つの認証ワークの第一番目にあたります。
食の認証は身体の認証へつながることがこの文章でもよくわかりますね。
7号食についてはBL研究所のHPをご覧ください。
http://www.bl-oosaka.org/商品案内/
posted by 変才冨田 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック