玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年09月16日

7号食レポート 排泄された不気味なもの

七号食8日目が終わろうとしています。 7日目の昨日のことなのですが、 朝、排便して、流して出かけたのですが、 家に帰ったら、便器の底に、灰色の砂利のようなものが溜まっていて、 便から分離して流れなかったものでしょうが、 なんだったのでしょう。 不気味でした・・・!

今回で、七号食は6回目です。 ハーフを入れると、9回でしょうか。 今回は、制限があることはさほどしんどくありません。 いつもは食欲が無くなってしまい、8日目ともなるとフラフラですが、 今回は2〜3日目がしんどかったけれど、その後は元気に過ごしています。

感情の観察に忙しく、ご飯のことは、あまり気にしていません。 ですが、食べる時は、楽しみに、美味しくいただいています。 (私は、雑穀が苦手なので、今回はほとんど入れていないです。  4日目ぐらいから今日は、主に、米の精で過ごしています。) 痩せすぎたくない私は、 最初は、体重が減るのを気にしていましたが、それほど減っていません。

七号食自体も、今回はとっても楽にできています。 身近で誰が何を食べようと、全然関係ないです。 毎回見ていた、失敗した夢や食べものの夢は見なくなりました。 朝まで、ぐっすり、眠り過ぎぐらい眠っています。

質問にもどります。 便に混ざっていたらしく、便から分離された砂利のようなものは、 一体なんだったのでしょうか?重金属?でしょうか。
回答
7号食で痩せたくないという人もいらっしゃいます。
そういう場合は玄米餅も販売していますから適当に食すればよいですね。

さて、その得体のしれないものは可能性として

胆嚢に溜まっていた泥上の石

あるいは
大腸のヒダヒダに溜まっていた宿便

おそらく前者であろうと思います。


さて

ヴィパッサナー瞑想の収穫に新7号食のアイデアがでました。

このコメントにもありましたが「観察を深める」という課題を追究します。
7号食を実行すると潜在意識の属する身体を変えるので潜在意識も素直に変化するのです。

そのあたりを9月17日の午前中の講座で話したいですね。

posted by 変才冨田 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
さっそくのご回答、ありがとうございます。
排泄されたのは、胆のうの泥状の石、たしかに、宿便よりはそのような感じでした。いつからのものでしょうか。この夏のものなのかな。あんな風に出るなんて、すごいです。なんか、嬉しいです。

体重を減らさないために、餅も結構食べています。
塩分があるとおもうので、食べ過ぎて、少し朝、目が腫れましたが。それもあって、元気かも。

関係あるのかないのか、私が、七号食実施などで、実家に帰らないと(みんなが、母親を甘やかさなくなると)ちょこちょこ、病気を繰り返しているように思います。
それを止めさせないと、また、大きなことになりそうな気がします。これも認証が関わっているのかと思います。
今までは、実家に行くと、食べものが、よくない(油、動物性使用)ので、難しかったけど、これからは大丈夫のような気がしますので、何か考えてみます。
明日、午前のセミナーは、タイムリーな話題なので、行きたいと思います。




Posted by KF at 2016年09月16日 06:24
新7号食のアイディアは
19日の私達の
人形町の食養講座でも話してくださーーい!

楽しみにお待ちしていまーす。
Posted by 清水いとみ★ at 2016年09月17日 10:18


>清水いとみ★さん
>
>新7号食のアイディアは
>19日の私達の
>人形町の食養講座でも話してくださーーい!
>
>楽しみにお待ちしていまーす。

おお 新7号食の提案はより本質的ですよ。
Posted by 変才冨田 at 2016年09月18日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック