玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年09月10日

明日も広島の勉強会で今回は一日中「エゴギョウ」です。

本日は午前は7号色講習、午後は姿勢の軸と運動のセミナーでした。

明日は「エゴギョウ」についてで、一日中エゴギョウにどっぷり浸かっていただきます。

7号食は「食の認証」
姿勢は「身体の認証」
エゴギョウは「他者と自己認証」
その中に「お金の認証」と「仕事の認証」が含まれます。

エゴギョウのカウンセリングの基本はこの「認証ワーク」にあるのです。

これを実践的にこなせばエゴギョウは活きたカウンセリングができます。

自己の命の使い方とは「どうやれば自分の命を活かす」ことができるかに尽きます。
それが腑に落ちれば「自分の使命」が見えます。
自分が指名され氏名(名前には意味がある)が与えられ使命に活きることができます。
もちろんその使命とは「他者のいのちを活かすこと」に決まっています。

だからといって緊張することもないのです。
大事に考えることもないのです。

どうせわたしたちの命は価値もないし、人生に意味があるわけでもないのです。

まあ、どうせそういう泡のような存在ですから、どんな生き方をしようが大差ないのです。

問題は「楽しかったかどうか」だけです。

人生やこの命を楽しく生きれば問題ないです。
楽しくするために他者を楽しくすればよいだけです。

楽しいにもいろいろありますが「苦しみ」が多い世の中ですから苦しみを楽しみに転化するとうんと楽しくなるはずです。

まじめに生きないことです。不真面目を一生懸命やりましょう。

これが明日のテーマです。

あさってはいつもの広島夜学は朝学です。



posted by 変才冨田 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック