玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年07月18日

7号食レポート 授乳中に七号食を実行する際の注意点はありますか?

授乳中に七号食を実行する際の注意点はありますか?

ちなみに授乳のせいか体重がかなり減って、今は一昨年夏にやったフルコース後と同じくらいです。
これ以上減るとかなり細くなっちゃいます(>_<)
特に顔からやせるタイプなので周りに心配されたりも。
数年前までは毎日ダイエットのことばかり考えていた私が痩せすぎを心配するようになるなんてびっくりですf(^^;

七号食後はちょうどよい体重に落ち着くはずなのでそんなに減らないことを祈ります(笑)

回答
雑穀を玄米と同量にしておくか、黒米を増量して炊飯すればよいでしょう。
十五種雑穀は造血米といわれる黒米が30%はいっていますので、母乳には良いでしょう。
母乳は血液でつくられますからね。


posted by 変才冨田 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック