玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年06月29日

7号食レポート  筋腫も悪玉コレステロールも消えた!


冨田先生! いつもありがとうございます!!! 2度目の7号食レポートさせていただきます!

私は今年の1月に人間ドックを受け以下の診断をうけました。 ・悪玉コレステロール185 ・糖尿病数値 そろそろまずい ・逆流性食道炎 ・子宮筋腫3センチ(これはもう3年目で、初めて診断された際に別の2箇所の婦人科でも同様の診断をされ経過観察となりました)

40歳になったばかりで、これはマズイとなって7号食を知り冨田先生に行き着きました。 初めて7号食を実行したのは今年の2月。その後4月と6月(ハーフ)を実行し 6月24日の人間ドックに臨みました。

結果・・・・ ・悪玉コレステロール 108(!?) ・糖尿病の気 消え ・逆流性食道炎 胃カメラにより跡形もないこと確認 ・子宮筋腫 跡形もなく消え(!?) オールAでした!!!

本当に本当にびっくりです!!!

子宮筋腫があったことを自己申告していたので2度もチェックしてくれたドックの先生には「ありませんよ。子宮筋腫は食改善では絶対消えませんから今までのが誤診ではないですか?」と言われました(笑)

本当に冨田先生を信じて継続してきてよかったです!!ありがとうございます。 再発や悪化しても困るので基本食を続ける予定です。

私は7号食自体、あまりつらいとは思わないのですがたまに甘いものが食べたくなって甘酒には大変お世話になりました。神代より通常の甘酒のほうが私は好きでした^^

あとはお腹がすけば、玄米を小分けにして職場にも持っていって食べたりしてました。

特に、お友達との外食を断るのが大変でした。なのでほぼ全員に人間ドックに向け7号食中であることをカミングアウトして、外食を断り続けました。

よく噛むことを意識していたので、少し食べすぎても胃もたれがなくて本当に体が楽でした。ハンバーグやら外のものを食べるとよく胃もたれをしていたので、この違いはハッキリわかりました。

また、痩せることが目的ではありませんでしたが3キロマイナスでキープしてる状態です。

肌も7号食中は白くなって自分以外でも気づくほどでした。真っ白、ツヤツヤです。

あとはコンビニやスタバに行くことがなくなりました。 コーヒーは大好きだったのですが、今は飲むとおいしいとはあまり思わず、しかも全部飲むと強すぎるのか気持ち悪くなるんです。

だから、もういいや。ってなりましたw お菓子も全然いらないんですよね〜。不思議。お菓子食べるなら玄米食べたいってなりました。もう玄米中毒です!

人間ドックの結果を冨田先生に報告した際「体は正直ですからね」ってお返事いただいて、「ほんと、それ!!!」って思いました。体は素直で、努力はきっと無駄にはならないと思います。

この4ヶ月本当に信じて継続してきてよかったです。 まだまだ続けます!!! またご連絡しますね。ありがとうございました。


コメント
身体は嘘をつきませんネ。

「誤診ではないですか?」ということは今までもよくあったことです。

子宮筋腫だけでなく、卵巣膿腫や大きな10センチ大腸ポリープや胃ポリープなど
「消えるわけがない」ということで
複数の医師で確認されたという事例がけっこうあるのです。

余計なものを食べた結果ですから、余計なものを食べないでしっかり歩けば消失します。

原因にアクセスすれば結果は変化するものです。

薬は原因ではなく結果に注目しているのでうまくいきません。

身体内部の生化学的条件に干渉することで効果を期待します。

けれど、身体の生理的な悪化は身体外部の環境条件(歩かない、飽食など)から生じているわけです。

彼女は原因にアクセスしたので結果としての食道炎、悪玉コレステロール、筋腫などが消えたのです。

このことは仕事であれ人間関係のトラブルであれ同じです。

原因にアクセスしましょう



彼女は7号食のみでよくなったわけではありません。

インソール姿美人 足楽です輪でしっかり歩き

聴覚トレも実行し脳を覚醒させることもしました。

いろんな方向から押して身体をうごかしたのです。

病気になるには複数の原因があるのですから、
治し方も複数ですね。

http://www.bl-oosaka.org/トミタ式7号食/


posted by 変才冨田 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック