玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年06月01日

7号食レポート メガネ要らずになれた

おはようございます❤️
七号食16日目です😁
七号食 今回で フルでやるのは、3回目
一回目は、身体のダルさがすっきり取れました。
2回目は、頭の中がすっきり
そして、今回3回目は、嗅覚 聴覚 視覚が 驚くほど冴えた‼️
特に視覚❗️
7目の朝
いつもなら メガネを掛けなければ時計が見えなかったのに 見えた❤️
そして、日に日に 見るもの全てがとても鮮やかに見えてきました😁メガネの度がキツく感じられ...
今では、携帯を裸眼で見える様になりました。長時間 本を読むときは、やっぱりメガネが欲しくなりますが、日常生活では、メガネ要らずです❤️❤️❤️
恐るべし 七号食‼️


コメント
まさに、おそるべき7号食ですね。

視力回復のご報告は多いです。

なぜなのか・・・。

二つ考えられます。

1 眼そのものへの血行回復
  酸素と特に一緒に光反応性色素がしっかり網膜に届けられたこと。

2 脳の情報処理が鋭敏になったこと。
  これが大きいと考えています。
  神経が鋭敏になったことで、脳の視覚関連の情報処理がこまやかになったことです。
  眼で見ていると考えがちですが、実は脳で見ているのです。


7号食がすぐにできるセットがあります。
http://www.bl-oosaka.org/各種商品/

7号食の説明は以下
http://www.bl-oosaka.org/トミタ式7号食/


  




posted by 変才冨田 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック