玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年05月31日

エゴギョウ中級編 怒りと正しさの関係

怒っている人は自分が今まさに怒っているとは自覚しないものです。

怒っているではなくて正しいことを言っているのだと考えています。

正しい=あたり前  なのだから怒っているわけではないと思うわけです。

けれど、なぜか人は正しいと思っていることを表明するときは声が大きくなります。

実は「正しくない」相手に対して「正しいこと」を言うときは怒っているのです。

感情が動いているので声が大きくなるのです。

怒りの感情が声を大きくします。

エゴギョウで言えば

金性が正しいと思った時には同時に木性の客観的冷静さを剋するのです。

金によって肝が破られたとき「怒り」が湧きおこる理由です。

五行において肝は怒り、というわけです。

続く





posted by 変才冨田 at 23:54| Comment(1) | TrackBack(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜。
では、対処する側は、あくまでも冷静にということですね。

線を引くぐらいでよいですね。

Posted by KF at 2016年06月01日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック