玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年05月05日

タカダ・イオンは自律神経を改善する

IMG_1770[1].JPG
これは左下に困った顔が見えていますね。
赤玉が慢性疾患の象限に落ち込み、惰円形からも大きく外れています。
中段の右側の青いグラフが少ししか伸びが無い状態で、これは自然治癒力の低下です。
左のエネルギーも隙間ができています。
眠りの質を表す左下のメーターもレッドゾーンに入っており十分な深い睡眠がとれていないので疲労が蓄積しています。
下図はその後でタカダ・イオンを皮膚にあてて電子を補給しながら計測しました。
IMG_1771[1].JPG
赤玉が惰円形に入り準正常になりました。左の青いグラフも伸びて隙間が無くなりました。
タカダイオンでの治療時間はわずか数分の後のことです。
毎日一時間の治療をお勧めしました。
電子が補給されると睡眠の質が良くなるので疲労も取れます。

現代人は慢性的疲労に落ち込んでいる人が多いので、タカダ・イオンは役に立ちます。

現在はレンタル中なのでお問い合わせください。
http://www.bl-oosaka.org/タカダイオン/
posted by 変才冨田 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 陰イオン療法と酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック