玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年03月18日

対照的な足型二点

この足型はやや前重心です。少し右足の前外側に体重が流れているので膝に迷惑がかかっています。

膝で抵抗できた場合は股関節に迷惑がかかり右鼠蹊部にストレスがかかります。
比較的バランスの取れた足型ですが左脚がかかとにかかっていますから、ややネジレがあるのです。
左足小指がまるで見えていません。外側に体重がかかると小指で抵抗できないので親指側に体重を寄せて頑張っています。その分だけ疲れるわけです。
IMG_1626[1].JPG

これは右脚が極端なかかと重心で足指が着地不全です。
72歳で右足首骨折、60歳で交通事故に遭い腰を打撲、腰痛があります。
両手で杖をついて、前かがみで歩いています。
IMG_1629[1].JPG
右脚がハの字で開いているのは親指が特に使えなかったので脚の太腿内側の筋肉をかなり弱めています。
右脚親指に「足楽です輪」を巻くだけでずいぶん楽になるはずです。


後、ツンツンセラピーもいいですね。
全ての足指をツンツンする、指の生え際のところとその下をツンツンするだけでも右脚がしっかりします。
その分だけ腰が真っ直ぐになるものです。


http://www.bl-oosaka.org/重心調整用インソール-姿美人/



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック