玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年03月02日

「らしさ」とは目的で形成されるもの

以下は過去の記事からです。

民族的な「らしさ」もある。

農耕民族らしさ、牧畜民族らしさなどですね。

こうした「らしさ」は風土がつくったものです。

その地で暮らすためにもっとも合理的な方法で慣習が決まり、それが民族独自の「らしさ」をつくります。

その「らしさ」は働き方に応じた生活慣習の繰り返しで強化されてきました。

つまり、収穫という目的のために「らしさ」が形成されてきたのです。

この連載のテーマはまさしくそこにあります。

「らしさ」とはあなたの内部にもともとあったものではなく「目的」にこそあるのです。

幼児はお母さんに可愛がってもらうという目的のために、そのライフ・スタイルをつくります。

対象であるお母さんの性質が幼児の対応の仕方を決めていきます。

お母さんが情緒不安定であれば、幼児は天候をみるように心配しながらお母さんの表情を読み取ろうとします。

それは水性のライフ・スタイルになり「らしさ」が固まってきます。

両親の仲が悪くていつも夫婦喧嘩を目の当たりにしていれば結婚そのものに疑問を持つ大人になるでしょう。

結婚する意味がよくわかっていないのに、みんなが結婚すれば「自分もしなければ」と思います。

けれど本音はしたくないのです。

建前と本音が葛藤を起こしたとき、結婚できないような異性を好きになったりして本音と建前の折り合いをつけるのです。妥協ということでしょうね。

不安の正体はこの葛藤なのです。

人はむしろ「らしさ」から遠ざかっているわけではなく、あなたの日々の決定にこそ「らしさ」が実現しているのです。「らしさ」や「ほんとうの自分」はどこかに仮想としてあるわけでなく、今のあなたそのものなのです。

日々、「らしさ」を実現するために目的に近づこうとしています。

「本当の自分がわからない」「自分探し」などと言いますが、それがあなたの「らしさ」なのです。

「決定的な事態を避けたい」「責任ある立場になりたくない」「責任は避けたい」

そうしたことを実現するために「迷いやすい」という「らしさ」を日々発揮しているのです。


さて、「らしさ」は変えることができます。


目的を変えれば「らしさ」も変わるのです。
posted by 変才冨田 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック