玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年02月22日

7号食レポート 挫折はしたけれど

この度、7号食のセットを購入させていただきまして始めました。

4日ほどは朝に玄米おにぎり1個、夜に玄米1膳としてました。そこから夕食に小鉢とおかず少々に手がついてしまい、20日ほど経過した今は朝昼玄米おにぎり1個づつと夜は1膳と和食を中心で食してます。

7号食としては失敗なのですが、体重は4kg減、寝起き良し、足が冷えにくい、体力も勝手についたような気がします。咀嚼は気にしながらというよりも、咀嚼したほうが玄米は断然旨いということがわかりました。白米より美味しいです。

あとは玄米雑穀の苦手な奥さんをどうやって巻き込もうかと考えております。ホンモノをありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

(因みに会員はどのように入会できますでしょうか。お手解きいただけますと幸甚です)

回答
学ぶ意欲があると表明していただいた方とセミナーや本で学ばれた方も会員です。

さらにDVDなどもあります。











posted by 変才冨田 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック