玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年02月21日

身体の自由は心の表現を解放する

82歳の女性が紹介で来られました。

弟さんが連れて来られたのです。

農家に嫁いで過酷な労働をこなして
あちこちに不具合ができなたのです。

でも明るい方で「美しく老いられた」という印象です。

この方だんだんと感情表現が素晴らしくなりました。
それは膝を曲げてしゃがめることができたからです。

「もう歳だから仕方ないと思っていたのに、できるわね!」
と同じ言葉を繰り返しながら
何度も何度も立ってしゃがみを繰り返すのです。

「不思議ね、本当かしらね、でもちゃんとほらできる。
嘘みたい、嘘じゃないかしら、でもホラできる!
すごい!わあ、不思議。これって魔法?」

だんだんと火性の性質があらわれてくるからおかしかったですね。

歩いて戻られたときも
「すねがね、すごく軽かった!あれだけ痛かったのに、膝もね痛くなかったの!不思議だわ!嘘みたい!」

人は制限があると暗くなるもので
動きがその制限を破るとそんなにも感動できるのですね。
人は自由を本質的に好み、自由な動きができるようになったとき
喜びが湧いてくるのですね。

これだけ感動されると嬉しくなりますね。
仕事冥利につきました。


これは姿美人を作った時のお話です。
http://www.bl-oosaka.org/重心調整用インソール-姿美人/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック