玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年02月10日

逆流性食道炎について

治し方は三つだけです。

@ 目を閉じて味わいきること。
A 真っ直ぐに立って歩くこと。
B ツンツンセラピーを頸椎から胸椎まで毎日すること。

原因はストレスと言われていますが、上記の三つはストレスから逃げる方法なのです。

ツンツンだけでなくドライヤーを8番目の頸椎から下を順番に当ててゆくのも良いです。
@は余計なことを考えないで、会話もしないでひたすら目を閉じて食べ物の味を感じきることに集中します。
これはどのような病気にも効果がある不思議な万能の方法です。
これを信じ切ってやる人は救われます。

Aは背中に兪穴といわれる重要なツボがあるのですが、これが真っ直ぐになると気が流れて滞りがなくなります。
真っ直ぐに立つと言われても困惑される方が多いでしょう。
このブログにはそのあたりをたくさん書いています。
左カテゴリーの重心調整や食と動の統合などを参考にしてください。
Bは即効性があります。背中の凝りが取れれば逆流性食道炎の症状が軽くなります。




posted by 変才冨田 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック