玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年02月10日

暗雲垂れこめる日本列島

高市大臣発言「戦前の検閲と同じだと誤解」 安住氏

■安住淳・民主党国会対策委員長代理

 (高市早苗総務相が、政治的な公平性を欠くと判断した場合、放送局に電波停止を命じる可能性があると発言したことについて)戦前の検閲制度と同じだと誤解しているのではないか。(放送法4条は)倫理規定であって、放送局側がそうした放送法の趣旨を踏まえてきちっとやればいい話だ。個別の番組で特定の主張をして中立性に欠いたときに電波停止がありうる、というのは検閲だ。明らかに放送法を曲解している。そういう認識の人が総務大臣をやって放送法を所管しているのは、おそろしいことだ。(10日、記者会見で)

高市発言の最大の問題点は憲法違反にあると思う。
彼女の発言は放送法第三条の「何人(なんびと)からも干渉され、または規律されることがない」に違反している。
これは表現の自由を規定した明確な憲法違反です。

最近の自民党の先生方は憲法を学んでいないらしく、明確な違反を繰り返しています。
憲法を守る義務を負っている政治家が憲法を軽視するばかりか攻撃をしていますね。
そんな政治家たちを生み出した国民はどれだけ劣化してしまったか。

不偏不党で平等な報道をというのなら、大臣も不偏不党でやってもらいたい。
NHKの報道も電波停止にしてほしい。

秘密保護法、戦争法案、緊急事態法案・・・、そしてマイナンバー・・・。
教科書から侵略戦争との記述も消えて・・・。

戦争はいけないとお母さんが言ったら「お母さんは非国民だね」といわれるような時代がやってくるかもしれない。

安倍内閣の人たちは国民を愚かしいと考えているようだ。

知らしめず、言わさせず・・・、最後は  正社員制度を撤廃して国民をもっと貧しくして
軍隊にいかざるをえないようにしているとしか思えない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック