玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年02月06日

7号食吉井レポート7

42歳女性 1回 3.2kg減量
IMG_1453[1].JPG

最初に腰回りから落ちていって、お腹、フェイスライン、最後に太腿まで落ちました。

肌がツヤツヤでキメが細かくなって、朝の目覚めがいつもよりスッキリしていました。そして食べ物のありがたみを強く感じました。

周りのみんなに「痩せたね」って言われたり、パンツモブカブカになってすごく嬉しかったのです。

、いちばんでも嬉しかったのは、やると決めて早い行動でやれたこと。

それでやった結果、変われた自分に自信がついたことが本当にうれしかったです。

そんなわたしの姿をみていた家族や周りの人にこれから挑戦していくことの大切さ伝わってガいける第一歩になれたのかなと思うと、本当に良い経験ができたなと感謝です。

ありがとうございました。

コメント
彼女は単なるダイエットでないことだということ、精神的な価値を捉えましたね。
彼女は二回目の7号食を実行中で4日目だそうです。

今度はしっかり歩くことも取り入れたやっているそうです。

完璧7号食ですね。
posted by 変才冨田 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック