玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年01月25日

タカダ・イオンの研究2

タカダイオン電子負荷前後
IMG_1435[1].JPG
上のデーターは赤玉が中央の正方形からずれており
慢性疾患になりやすい象限に入っています。

で、毎日1時間使用していただいて一か月経過後のデーターが下です。
赤玉が中央の正常域かなり近づいていますね。

ただ、これはタカダ・イオンだけの効果とは言えません。
食も歩きも含めて大幅に生活を改善していただきましたので・・・。
posted by 変才冨田 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 陰イオン療法と酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック