玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年01月14日

7号食より重要な基本食

7号食後の基本食は持続的に行うものなので重要です。

7号食を「打ち上げ花火」みたいな位置づけではダメですよ。

基本食
1 毎日最低でも玄米ごはんは二杯は食べる。
2 おかずを食べ過ぎると玄米ご飯の量が減ります。
  おかずとごはんの量は同量か、ご飯の方が多いということが重要。
3 できるだけカタカナ料理を止めて和のレシピにする。
4 小鉢には必ずひじき、切り干し大根をつけておく。
5 お味噌汁も毎日最低でも一杯。
6 必ずゴマ塩振りかける。
7 外食するときに、これは浪費か生産的かを対話する。
8 お菓子を買うときにもその対話をする。

以上で1年でかなりスリムになり健康になれます。

http://www.bl-oosaka.org/各種商品/

posted by 変才冨田 at 18:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出張から帰って発熱。
でも、熱が出きらない感じ。

先生のアドバイス通り、生姜と葱とお醤油、ごま油のスープを飲んで、お風呂にゆっくり入り、汗をかいて寝ました。

熱は38度近くになり、今は、下がってきました。

一旦、38度ぐらいまで熱が上がって、37.5ぐらいまで下がってきました。

食べたものは、朝は生姜と葱のスープ、
昼は、味噌汁(中身は切り干し大根とひじきと椎茸、薄揚げ少しと玄米餅半個)と十素米を二口ほどだけ。

で、頭おかしくなってるから、
生姜とゴマ入りの沖縄のお餅も食べました(笑)、
食感が好きで。
これ、もちろん小麦は入ってないけど、黒糖が入っていて、そのせいか鼻づまり再開。
NGかもと思いながら食べて、やはりややNG。

夜は、ご飯は食べる気がなかったので、
味噌汁に玄米餅を半個だけ入れました(とろとろ状態)。
お菓子を食べたくなっている・・・(・・;)
何故でしょう。
昼に食べた沖縄の餅の糖分が呼んでいるのでしょうか。
何も食べないようにしないと。

餅好き過ぎ。
でも餅は鼻詰まる感じします。





Posted by KF at 2016年01月15日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック