玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年01月09日

7号食レポート 年末に7号食終えました。身体の反応が鋭敏になった。


おはようございます。 七号食その後です。
今回の七号食では、かなり身体の中(特に腸)がきれいになり、消化力が上がったように感じています。 乳腺に出来た1pほどの腫瘍も数o小さくなって、 手術はなしの経過観察になりました。

実際、自分でも小さくなったと感じでいます。 医師は悪性と言ってますが、 冨田先生には「良性だろう」言っていただいて、 自分でも悪くは思ってないです。

七号食が終わったのが12月30日で、お正月に突入。 お雑煮のお餅はもちろん玄米餅でしたが、他にはいろいろ食べました。ただし、甘すぎるものは無理でした。 食べても胃腸の状態は良かったのですが、 顔に吹き出物が出たり、腕に蕁麻疹が出たりしました。 結構、お肌もガサガサしたりしてきました。

外食で、サバなんかを食べると、体中から臭いがして大変です! 気をつけないといけないなあと思っています。 腫瘍も、ちょっと大きくなったような気が(笑)・・・。 吹き出物と同じようなものですね。 以前に手術をした部位なので、ゴミステーションになっているのだと思います。

自分の生活からきているものですから、 腫瘍の大きさに一喜一憂せず、生活を反省しつつ改善して過ごしたいと思います。 NUKA TEAをせっせと飲んでいます。 朝は、NUKA TEA、昼は6号食、夜は少しおかずを食べる程度の生活に戻しました。

一度、試しに(笑)チョコレートを食べると、すぐに足の親指が痛くなりました。 大好きだった、揚げ菓子も特に要らないです。 ういろうが好きで、お正月に食べて(米粉・葛粉・砂糖・小麦でできていた)、小麦が入っていると知って愕然。 また食べたいけど、・・・だめ。 食べたいものが悪いもの。 砂糖と小麦ですね。

こう書いていると、私、意外にお菓子が好きだったんだなあと思います。 でも、知り合い、家族、同僚、世の中の人はもっと食べています(笑)。

反応が出ているうちに止めないと、結局身体に負担をかけ、 そのうちに排毒しなくなり、サインにも気づかなくなり、 病気になるのでしょうね。

しばらくして、七号食ハーフしないといけないかな〜。 お金の浪費は随分無くなって来たと思います。 何かを買おうとする時に、浪費か意義があるのか考えるようにしています。

コメント
乳がんの診断を受けた時点から今まで転移していないのですから良性でしょう。
チョコレート食べたら親指が痛くなったそうですが、非常に身体がきれいになっているので経絡の反応も素直になっています。
親指は脾経絡で甘味に反応するからです。

後半の太字部分は皆様も警告と受け取ってください。
posted by 変才冨田 at 16:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前より、甘いものや小麦を食べるとすぐに頭がボーッとしたり、子宮の辺りがキュッと痛んだり、
身体に反応がどんどん出るようになったのは
身体が一度綺麗になって素直になったからなんですね
あと観察力があがったからでしょうか…
なるほど、すっきりしました

母に伝えても「気のせいでしょ!心の持ちよう!」と言われて、
昔であればそうかなと信じてしまいましたが(盲信?)、最近はいや何かあるに違いないと考えるようになりました
詳細に計ったエゴギョウの親への依存の数値が落ちてきているかもしれません

最近、ようやく観察という意味が身体に染みてきて理解できはじめた気がします
観察をしてみると、恐かった自分の感情は自分の善し悪しではなく食や生活習慣から多大なる影響を受けていることも分かりましたし(睡眠時間が減ってくると不安になったり、自己嫌悪に陥るとか、甘いもの食べるとイライラするとか)
苦手だったスポーツも身体を観察しながらやってみると、飲み込みが早くなったり、楽しめたりできました
色々楽しめることが増えたかなと思います。
Posted by おおむ at 2016年01月11日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック