玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年01月07日

7号食レポート アトピー性皮膚炎の治癒 2

お世話になっております。 この記事に関してですが、 髪の毛以外に首周辺の治癒が遅れる原因としては何が考えられますでしょうか?

回答
髪の毛の接触性刺激以外に大きい要因は襟の刺激ですね。
化学繊維などの静電気をためるようなものの刺激。
和紙の生地やもめん、へんぷ生地などのスカーフで首を守っておくことです。

もう一つは紫外線ですね。
posted by 変才冨田 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック