玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年01月06日

過活動膀胱や膀胱炎の対処法 

こんにちは。先日はお世話になりました。また教えてもらいたいのですが、私は1回目の7号食をしたときみゅーずboxも毎日聞いていて、過活動膀胱の症状がなくなったのですが、みゅーずboxだけでも効果はありますか?
父の過活動膀胱の薬を止めさせたいのです。発熱の際、汗や鼻水も出なかったのは、薬の副作用かと思うのです。

回答
ミューズ・ボックスだけでも効果は期待できます。
おそらくはその薬は交感神経興奮へ導くものでしょう。
それで汗や鼻水が止まったのでしょう。
おそらく診断では過剰副交感神経と判断されたのでしょうが、
自律神経のどちらの緊張でそうなったかは難しいところです。

まあ、自律神経失調ということなのですが・・・。

そうした自律神経失調には聴覚トレのミューズボックスは改善効果がたくさん報告されています。
脳から夜間放出される抗利尿ホルモンがよく分泌されるからです。
http://www.bl-oosaka.org/聴覚トレ-ニング/

逆に器質的、骨盤底筋群の弱りなどは効果は期待できません。
スクワットなどが効果あるでしょう。

もう一つは膀胱炎の対処
これはlineでのやり取りです。
「ひどい膀胱炎で困っています」
わたし「では、小豆の煮汁でやってみましょう。
小豆半合に対して水は5合で十倍ですね。
半分になるまで煎じてから上澄みをできるだけたくさん飲用してください。
それから膀胱炎になる原因に過度な緊張があります」

彼女「あったと思います」

その後
まだ今日も、続いて飲んでます😊緊張あったかもしれないです😅今回の膀胱炎はかなり きつくて心が折れそうでしたが回復にむかっていますので 本当にありがたいです✨✨


その後
「お気遣いありがとうございます!全然大丈夫です!救われました😊😊😊旦那さんも 喘息発作の回数が減っていて喜んでます!」

現在、ご主人はぜんそく治療のためにタカダ・イオンをレンタル中なのです。
タカダイオンのぜんそく効果は事例に満載だし、炎症にもタカダイオンは事例たくさんあるのです。
同時に二人で治療できますから便利ですね。
http://www.bl-oosaka.org/タカダイオン/

posted by 変才冨田 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック