玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2016年01月03日

ツンツンセラピーで念願の字が書けました 2

ツンツンセラピーを受けたのは77歳の男性です。

脳梗塞やら心筋梗塞やら頸椎の手術やらが既往歴です。

それでも免許の更新に挑戦して(なんでも車が運転できないと移動できないとのことで、こうい人は地方に多いはずです)、なんとかカタカナで字を書いて合格したそうです。

指が曲がっているために手を付いて立ち上がることができず苦労していたそうです。
ツンツンセラピーで指がしっかりと真っ直ぐに伸びたので日常の起居動作も楽になったそうです。

住所の城がまるで書けなかったそうですが書けるようになりました。

最初の名前の字は大きくしか書けませんでしたが、コントロールできたので小さく書けました。
書痙という症状がありますがツンツンセラピーを試して欲しいですね。
IMG_1307[1].JPG
posted by 変才冨田 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック