玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年12月14日

ジュクスイ・シートの血流改善効果2

前回の写真からいろんなことが判断できます。
もう一度見てみましょう。
IMG_1246[1].JPG
ジュクスイシートを足裏に貼って6時間後
IMG_1247[1].JPG
問題点はつま先あたりから足の底がまだブルーですね。
こういう状態を「棺桶に足を突っ込んでいる」というのです。
足指を使った歩きができていないのですね。
かなり頑固ですが毎日貼ることで改善されます。
http://www.bl-oosaka.org/樹翠シート/
割引販売中です。

と、前回書きました。
さて、ビフォーの最初の写真を見ると膝が青いですね。
膝の血行不良ですね。
で、
膝と足裏をツンツンセラピーを毎日してくださいとご本人に伝えました。

さて、ジュクスイ・シートは足裏に貼るだけではありません。
以前、乳腺炎で乳房に違和感がある方が「乳房に夜も昼も貼ったらドロドロしたものが出てきました。毎日貼ったら違和感もなくなりました」という報告がありました。
これも血行不良が改善されて詰まりが取れたからですね。

デキモノの上に貼って眠ったら翌日ドロドロしていてできものが小さくなっていました。

もっとすごい実例がありました。
足首をねんざしたという女性です。

ほとんどの場合、外側にぐねっています。

足首はタテには動きますがつま先を旋回できません。

外くるぶし周辺(すその)を満遍なくつまようじでツンツンします。

あら不思議、すぐに楽に旋回できるようになりました。

後は炎症でくるぶしがむくんでいるので「樹翠シート」を貼っておきます。


ところで外側にねんざするのはそもそも足が着地するときに、斜めになっているからです。

外側重心なのですね。

その後の返信メール


以下、引用


捻挫治ってきました!

昨日まで自宅で療養し、今日から出勤しています。

じゅくすいシート送って頂いてありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ

毎日どんどん痛みが取れて行くので驚きました(゜∀゜ノ)ノ

じゅくすいシートを再注文する際に、なんとなく姿美人の冊子も注文したんですが、

先生がふくらはぎを怪我したときのお話を読んで、私も部屋の中で穿いてみたらすごく歩きやすくて!
冊子を頼んだこと、運命に感じました!(笑)

また酸素?に入りに行きます♪
ありがとうございました(*^^*)

引用、終了

一旦なってしまった場合はシートが非常に役立ちますが

捻挫される方は捻挫癖になります。

理由は重心位置が正常になっていないからです。

姿美人をしておれば正常な足の着地ができますから

捻挫はしません。

事例2
彼女「7号食中なんですが、すごく冷えています」

わたし「それはよくある体験ですよ。実は冷えたのではなく、冷えていたことがわかりはじめたのです。
7号食の目的は神経を正常にすることです。神経が正常になってきたのでもともとあった冷えを感じ始めたのですよ」

わたし「以前のことですが、わたしは冷えていません、という女性が実はすごい冷え性で足の血行不良で爪の生育が悪くて、どの指もポッチ状態だったのです。

食養を実行して足裏に貼る「樹翠シート」を貼って10日くらいしてから、冷えると言い始めてそれから数カ月後にちゃんと爪が再生されていました。彼女はそれまで真冬でも素足でフローリングを歩いていたのです。

冷えを感じ始めて靴下を履いたのですよ」

質問
いつも楽しく拝読しています。
ところで、最近よく出てくる「樹翠シート」は、どのようなものなのでしょうか。 足のむくみや怠さに効果があるのでしょうか。

回答
それは通常は足の裏に夜間貼っておくものなのです。

むくみを取るだけでなく、いろいろ症状に合わせた用度があるのです。

貼っておくと自律血行を眠りながら促進しますので、脚がポカポカします。

打撲した場所に貼っておくと皮膚が黄色くなる過程を省いて早く青あざが消えます。

朝になるとジュクジュクになった水が出ています。

問題があるときは(お血)があるときは真っ黒になっていますが、次第に色が薄くなってきます。

この種の商品はいくつかありますが、効果はまるで違っています。

さっき東京から来られたお客様がホテルへ帰られました。

九死に一生という自己に遭われて左足は皮膚移植、右足は複雑骨折になりました。

松葉杖をついてやってこられた55歳の男性です。

腰から下全体に痺れがあるということで

いつものように爪楊枝から始まって、指ひも、インソールと続く一連の流れです。

ただ「痺れ」が強いので酸素カプセルも使用しました。

結果は

真っ直ぐに立てるようになったこと、足で踏みしめているという感覚が戻ったこと、

骨折したほうが浮いていたのですが少し体重がかけられるようになったこと・・・。

全体として腰が真っ直ぐになり、安心感のある立ち方ができたのです。

歩幅も広がっています。

酸素の中ではやはり痺れの強かった部位がひどく痛かったということです。

これは血行が回復している証拠なのです。

「腰のボヨーンとした感覚が無くなりました」

両足とも浮腫みがひどいので最後に「樹翠シート」をお渡しして

これで寝ている間に水分を抜いてゆき、浮腫みを解消させます。

明日は朝になると全体としてかなり改善が進んでいる事でしょう。

この商品はBL研究所が十年以上前に有限会社メビウスさんに助言してつくったものです。
それ以来BL研究所の定番人気商品になっています。

1袋 2268円(税込)

五袋で一割引き 10206円(税込)1134円お得です


posted by 変才冨田 at 21:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、こんばんは。

以前は、乳腺の腫瘍のあるところにジュクスイシートを貼っていても反応なかったのです。
しばらくは、生姜シップとはと麦青菜粉湿布をしていました。
散歩もして、体温も上がって来て、乳腺から分泌物が出るから、
ひょっとしてよいかもとジュクスイシートをまた貼ったら、
今度は、シートがしっかり汚れていました!
自分の身体の感覚では、良くなってるんじゃないかと思います。
だけど、それに反して、画像の方は、形が変形しているものの、
大きくなってる部分がある。
なんか、納得できない〜!!!!!
医者的にはそろそろ手術をすすめるのですよね・・・。

生姜シップ& はと麦湿布もたまにしたらよいですかね。

小さくならないと嫌だ!と思っているこの思いもたぶんいけないんだと思うのですけどね。
意識してるってことだから・・・。

あと、忙しくしすぎたら、良くない感じはしています。
疲れてることを自分で分からない人のようなので。
ゆっくろするのが一番のようです。


今の仕事を辞めたら、占い師として雇ってください(笑)。
ゆっくりしか働きませんが。


Posted by KF at 2015年12月14日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック