玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年12月05日

30代の君たちに告ぐ 君たちにとっての要注意人物は誰か?帰省した時に注意すべきこと 5

老化とは身体の動きの制限が増えるということだ。

制限したのは神経の鈍さなのだ。

老化とは身体の変化の前に神経の退行がある。

この神経の退行現象が姿勢をゆがませる。

だから、年寄りの姿勢の歪みを軽くみてはいけない。

それは痴呆への前段階だとみておいた方がいいのだ。

逆に姿勢を正してあげられれば、それだけ要介護期間が短くなるわけだ。

先ずは帰省したら両親の姿勢をチェックして、今まで書いたように中心軸を輪で矯正してあげてほしい。


あなたにとって脅威が減るはずだ。

続く

posted by 変才冨田 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック