玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年11月27日

7号食レポート 食後に甘酒を呑んではいけないのはどうしてですか?

7号食を始めて3日目です。

雑穀玄米に、玄米甘酒をかけてお餅のような感覚で食べているのですが、 よく「食後に玄米甘酒はだめ」と書かれていますが、やはりこれもダメでしょうか?

塩味のみがあまり好きではなく、これならば飽きずに食べられるので、できれば続けたいとは思っています。 ただ、効果が半減するなどであれば考え直さないと、と思っています。

玄米甘酒を食後に食べてはダメ、というのはどうしてでしょうか? 教えていただけたら嬉しいです。

回答
そういう食べ方は初めて訊きました(笑)

@ 粒である玄米の食べ方や量に問題があって、その解決に甘酒を利用している。

A 十分食べたのにさらにデザートは炭水化物の過剰になります。

@かAどちらもダメです。

けれど、けれど

あなたの意志が重要で、それでできると思えばそれを続行してください。
できないよりは出来る方を選ぶことが重要です。

それはそれでレポートを出していただけるといいですね。

http://www.bl-oosaka.org/トミタ式7号食/
posted by 変才冨田 at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10日以上前から喉の痛みがあり、薬は使わずなんとか生活してきましたが、夜になると尾骶骨付近がザワザワしてきて、これは熱が出るチャンス‼とおもって早く寝るのですが、なかなか熱が上がりません。現在、喉の痛みは落ち着き、やれやれとおもったところ、首と脇のリンパが腫れだしてます。今度は、首の痛みで辛いです…。何かいい方法ありますか?
ちなみに、年3〜4回の7号食をしてて、そろそろ、年内最後の7号食かぁ…と思ってた頃です。
Posted by 塚本恭子 at 2015年12月04日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック