玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年11月15日

脳に身体を認証させるべし

http://blog.goo.ne.jp/5789_1970/e/8f811649f129f0757688a71c056693c2
以下はアンジュさんのブログからの引用です。
彼は7号食のプロフェッサーでもあります。


宮城県の50代の女性。

○症状

めまいが激しく、ふらつく。

壁などに手を付きながらでないと歩けない。

そのため、横断歩道など転倒してしまいそうで渡れない。

ゆえに、一種のパニック障害に陷る。

など。

○経過

病院で色々な検査を受けた。

耳鼻科、脳神経科、内科、心療科、等々。

様々な検査をするも、特に異常が診られない。

整体に通うも効果無し。

全くもって原因不明。


以上の内容を電話で受けました。

かなりの費用と時間をついやしたとのこと。

中心軸できた輪を試してみたいということでしたので、

足裏の大切さや中心軸のお話をさせていただきました。


半年が過ぎ、先日ご連絡をいただきました。

「商品代を払いたいのですが…。」

申し訳ありません。(汗)

さて、肝心の効果は…。

症状はすっかり落ち着いたとのこと。

受話器を通じ、喜んでおられる様子が伝わってきました。

「足裏って大切なんですね。」

「足裏を整えない限り、何をやっても効果ないですね。」

ご自分で答えを引き出されたようです。

コメント
あたり前でない現象はあたり前でない原因があります。

この場合は足裏の構造が狂っていたために、横へと身体が傾斜してふらつきやめまいになっていたのです。

脳をだましてあげて仮の中心軸ができたことで横への体重移動が少なくなり安定しました。

けれど、いつまでも脳をだませません。

本当の治癒へと導くには足裏構造自体を構成させなければなりません。

わたしが重心調整用インソール「姿美人」を早く作ることをお勧めする理由です。

最近は「お金の認証」講習において浪費的な無駄遣いから投資的なお金の使い方を、と呼びかけています。

足裏の構造を立派にすることで脳に身体全体を認証させることです。

そうすれば脳は自由な身体の使い方を獲得します。自由な生き方の第一歩です。

身体を認証できない脳は将来的に治療などで無駄な時間とお金を使わせることになります。

認証されなかった身体はあなたに認証を迫ることとなります。

それが膝痛や腰痛を通して訴えることになるのです。


http://www.bl-oosaka.org/重心調整用インソール-姿美人/





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック