玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年10月01日

黒千石フレーク発売と黒千石関連商品

黒千石とは北海道原産の小粒の黒豆です。

かつては道産子馬の飼料になっており、その素晴らしい栄養であの逞しい馬体をつくっていたのです。

けれども安いアメリカ産の輸入大豆に押されていつからか生産が0になったのです。

その豆は北海道の農業試験所のビーカーの中にだけ収まっていたのです。

篤農家がそれを見つけて「それ欲しい」と言ったところ

これは農業試験所のものだから差し上げるわけにはいかない、という返答でしたが

係官が続けて「けれど、失うことはあるね」と言って離れたのでした。

篤農家はその意を察して何十粒かをいただき、それを育てて今日に至りました。

それから売れに売れて在庫はないのです。

けれど古年産のものがあるので安くしていただき「犬用の豆」として研究所では販売しています。

1kgが新年度産だと1200円ですが864円の特価です。
IMG_1028[1].JPG

新年度産を蒸して押し焼きにしたものがこれで200gで1188円です。
IMG_1017[1].JPG
大変香ばしくて癖になります。人のおやつにも、お酒のツマミにも良いです。ワンちゃんも大好きです。
良い蛋白源になります。その豊富なアントシアンは免疫を活性します。

さらに、これが黒千石でつくったきな粉です。300gで432円のお徳用です。
IMG_1029[1].JPG

これが、玄米モチできな粉モチでお召し上がりください。1袋540円
IMG_1029[1].JPG

ご注文は玄米などと合わせてどうぞ。5400円以上は送料無料です。
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391
lineでのお申込みはhiruandnで検索してください。
posted by 変才冨田 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック