玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年07月22日

モートン病で歩けなかったのに・・・

おはようございます。
先日は名古屋のフォーラムお疲れ様でした。

冨田先生と大亮さんに講演会の後にお話したかったのですがお会い出来なく残念でした。

先生のお陰でモートン病、かなり良くして頂きました。大亮さんが、先生とお話する機会がありましたら、お伝えして頂きたくて(line)しました。

春から長男が大学生になり、富山で下宿しています。

その引っ越し準備、引っ越しと毎日忙しい中 この足、頑張ってくれました。

立っている事でさえ辛かったこの足、富山まで長距離の車での移動も大丈夫になりました次男が今、高校3年生で小学生から野球を続けてきて最後の夏を迎えました。

足を悪くしてからは、中学校、高校とグランドに応援に行く事も出来なかったのに、今年になってから試合を観に行く事も可能になり、最後、開幕戦に当たったのですが、開会式から開幕戦まで丸1日、外で過ごせました感無量ですどこの病院でも手術以外治らないと言われたこの足。

諦めしかなかったのに、このように歩けるようになるとは私にとっては奇跡です

先生と縁を繋いでくれた大亮さん、小川さん。

そして、冨田先生には本当に感謝しています。
みなさんのお陰ありがとうございます

回答
彼女は家のアチコチに椅子を配置していたそうです。
痛くなるたびに座っていたそうで、ずいぶん改善されたものです。

こういう報告を聞くと、この仕事やっていて良かったと思いますね。
これを「仕事冥利に尽きる」というのでしょう。
posted by 変才冨田 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック