玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年07月21日

ツンツンセラピーの威力 酷い腰、肩、膝の痛み

84歳の女性の緊急の相談です。

肩が、腕が、腰が、膝が酷く痛い

死にたいと毎日思うくらいです。

という相談です。

杖をついてヨタヨタ、よろよろの歩きで自動車で連れて来られました。

「病院ではヒアルロン酸の駐車、膝から毎週一回水を抜くなどの治療ですが一向に果然しませんでした。

民間の膝に役立つという健康食品もとっていますが全然改善しないのでやめようと思っています」

とのことでした。


先ずは痛くて眠れないという肩から始めました。

特に腕の付け根からひじにかけて骨の際にツンツンすると顔をしかめて痛がります。

そして肩甲骨の際に肩甲骨のある場所がヒットポイントでした。

結果は「肩の痛みが無くなりました。楽です」と言いつ腕を振って「そても楽です」と明るい顔になっています。

次に腰の治療をしようとしたところ膝が痛くて横になりにくい状態です。

そこで膝の治療にかかりました。

膝痛のツボが「ひどく痛いようでひどく顔をしかめて耐えています。

特にひざ裏が酷く痛むようでした。

終了してから「中心軸できた輪」と疑似ヒモを使って全ての指に巻き

最近見つけた「足裏に眼を付けるツボ」と指の腹とスイートスポットにツンツンしました。

そうしてから歩いていただくと、杖なしでしっかりした足取りで歩けるようになりました。

「脚が軽いです」と、どんどん明るい顔になります。

で、横になるように促すと、今度はすんなりとうつぶせになれました。

膝の痛みが無くなったからですね。

腰は変形を起こしており腰椎が飛び出ています。

腰痛のツボにツンツンすると、これものけぞるような痛みになっていました。

全てが終了して歩いていただくと

歩くスピードまで速くなっています。

こうなった原因は直近にはひどい冷えがあるのです。

彼女の痛みやしびれは冷えが直接的な原因になっています。

途中で何度も「脚や腕がポカポカします」と言っていたのですが

これはツンツンで血行が回復した証拠なのです。

最後に毎晩の治療として「ジュクスイシート」の貼り方を教えました。

なにしろ夏でも脚に毛布が欠かせない状態ですから

「ジュクスイシート」は眠ってるあいだに血行を回復させるのでなにより役立つでしょう。

「毎日自分でツンツンします」と喜ばれていました。

展望が見えるとみんないい顔をしますね。


さて

帰りの車の中での会話が送られ恵きました・

今日は、ホントに皆様お世話になりました〜味噌雑炊も美味しかったわ〜〜ありがとう〜

帰り車の中でもおばさんは今日一回やってもらっただけなのにずっと足がポカポカして痛みがないわ〜〜

痛くて頭まで痛かったのに〜〜ホントにありがとうホントにありがとう〜って何回もお礼言われちゃぅた〜〜

接骨院や病院あれだけ通ってもこんなに楽にならなかったのに〜〜凄いわ先生にくれぐれも宜しく伝えておいてね〜〜感謝です>って〜〜

これから毎日少しづつ今日やってもらった所を爪楊枝でツンツンして
樹液シートも毎日はってみて又報告します〜〜って

スゴい〜喜んでました〜〜
ホントにホントにありがとうございました〜大変な患者No.3の治療ホントにありがとう又その後報告します〜〜
posted by 変才冨田 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック