玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年07月17日

癌を制圧できない理由

癌は菌やウイルスを原因とした外因性の疾患ではないのです。

けれど、いまだに外因性という思い込みもある。

子宮頚部にヒトパミロマウイルスが存在しており、子宮がんはそれが原因として

若いうちにワクチンを打っておけば予防になるという。

強行して多くの副作用患者をだしてしまった。

事実は子宮頸がんの患者の警部にはヒトパミロマウイルスが存在した。

したがってこれが子宮頸がんの原因だ。

ということになった。

真実は子宮頸がんを生み出すような劣化した子宮の環境下ではヒトパミロマウイルスも存在した。

一つの原因が子宮頸がんとヒトパミロマウイルスにつながった。

ということだ。

真実は劣化した食生活や生活習慣にあり
これは内因性なので食を含めた生活習慣の改善が急がれる。

癌は確率上の問題だという考え方もある。

遺伝子のコピーの誤りは確率上だというわけだ。

したがって、あす女子高生が医師に

「わたしが癌になったのはどうして?」

という質問に

「単に運が悪かっただけ」という回答になる。

続く
posted by 変才冨田 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック