玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2015年06月24日

聴覚トレについて  情報はつながって存在している2

情報はつながっている

そのことは当たり前だけど大きな示唆を与えてくれます。

感動はどこからやってくるのか!

ヘリコプターでニューヨーク市の上を飛んで、その上から見た風景を一目眺めただけで

後で記憶だけでそれを精密に描いた青年がいます。

そんな細かいところまで覚えているのか、と感嘆します。

でも、アートは感じられない。

ピアノの演奏を一度だけ聴いてそれをコピーしたかのように演奏する青年がいます。
間違えたところまで再現します。

でも、感動がない。

二人の青年はその作業を少しも楽しそうにしていません。

おそらく音は聴覚神経だけで、見たものは視覚神経だけで消化しているのではないかと思います。

わたしたちはどのような刺激でも重層的に五感で感じている。
五感がネットワークを組んで活動するとイメージが湧く。

そのイメージが豊かなほど感動するのでしょう。

違った視点で云えば

五感がそれぞれに密着しているので、その拘束から一つの感覚が突出して進めない。

その五感が密着していないので、この青年たちは特異な能力になっているのではないかと思います。
いわば一つの感覚だけの暴走といえます。

人生とは味わうものと考えたとき
この五感のネットワークがなければ深く味わえない。

このネットワークを強化することは人生の大きな課題と思われます。


posted by 変才冨田 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 傳田聴覚トレについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック